Rakuten infoseek

辞書

オートパイロット【おーとぱいろっと】

デジタル大辞泉

オートパイロット(autopilot)
船や飛行機などの自動操縦装置

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オートパイロット【autopilot】
(1)飛行機の方位,高度,旋回時のつり合いなどを保持する装置。操縦者の労力軽減を主目的としたもので,現在では高速・高高度飛行における安定性増大,進入着陸の自動化などの複雑な機能を加えた自動飛行制御システムへ発展している。自動飛行制御システム佐貫 亦男】(2)船の進路を自動的に保持する装置。ジャイロコンパスにより求めた船の針路と目標とする針路との偏差に応じて自動的に舵をとる。波浪中でむだな操舵をしないよう天候調整が設けられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オートパイロット
おーとぱいろっと
auto-pilotautomatic pilot system
自動操縦装置のこと。航空機が大型化、高性能化すると、高速ならびに長距離の飛行を行うようになり、しばしば人間の能力を超える、きわめて精密な操作が必要になってくる。そこで、飛行状態の把握や対応を機械に任せ、操縦士の負担を軽くしようとする一連の航空機操縦システムが用いられており、これをオートパイロット(船舶では自動操舵(そうだ)装置)という。
 オートパイロットの起源は古く、1930年代にアメリカのスペリー父子Elmer & Lawrence Sperryによって実用化されている。初期のものは、飛行中に外力によって加えられた機体の姿勢や方位の変化に対して、その変化量に応じて舵面を操作し、所定の姿勢や方位を保つものであった。現代のオートパイロットも原理的には同じである。姿勢や方位の変化をジャイロや加速度計で読み取り、その変化量を電気的シグナルに変換してコンピュータに送り、舵面の角度を計算すると同時に油圧または電力で舵面を操作するものである。最近では電子技術の進歩により、この働きはより精密になり、複雑多様化した飛行特性や交通管制に応じられるようになっている。さらに総合指示計器、航法装置、操舵装置、エンジン推力制御装置などの諸システムと組み合わせて、総合的な飛行制御システムauto flight control system(AFCS)として機能するように改良され、巡航はもとより離着陸も自動化されて、全天候運航が可能となり、操縦士の負担の軽減と安全性の向上に大きく貢献している。
 将来は、空中衝突防止装置の組み込みにより、ジェット機にとって理想とされる上昇巡航方式も可能となり、経済性はより向上することが期待されている。一方、軍用機では航行のほか、進入、攻撃、避退の一連の行動に対してもオートパイロットが使用され、ことにレーダーの追跡を回避する超低空進入には不可欠の装置とされている。[落合一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

オート‐パイロット
〘名〙 (autopilot) 船や飛行機などの自動操縦装置。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オートパイロット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オートパイロットの関連情報

他サービスで検索

「オートパイロット」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.