Rakuten infoseek

辞書

オージエ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オージエ
Augier, (Guillaume Victor) Émile
[生]1820.9.17. ドローム,バランス
[没]1889.10.26. パリ
フランスの劇作家。同時代の小デュマと並び称される。ロマン派が衰退してきた頃に,ポンサールに続き韻文悲劇作家として登場。この時期の作品には『毒にんじん』 La Ciguë (1844) があるが,1849年の風俗喜劇『ガブリエル』 Gabrielleによって作家としての方向が定まった。以後はフランス第二帝政下の風俗,世相を題材として,ブルジョア階級の道徳を肯定し,ロマン派と対峙する姿勢を保った。代表作としては『ポアリエ氏の婿』 Le Gendre de M. Poirier (54) がある。 57年アカデミー・フランセーズ会員。その他『オランプの結婚』 Le Mariage d'Olympe (55) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おーじえ【オージエ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オージエ
おーじえ
mile Augier
(1820―1889)
フランスの劇作家。処女作『毒にんじん』(1844)はポンサール流の韻文であるが、5年後の『ガブリエル』(1849)は手法は旧套(きゅうとう)を脱したものの思想的にはモラリストの立場を強調した風俗劇である。第二帝政時代の新興成金と没落貴族の結婚によって生じた金と爵位の相克を描いた『ポワリエ氏の婿』(1854)が代表作で、写実的演劇の先駆として評価される。そのほか『オランプの結婚』(1855)、『恥知らずの人たち』(1861)、『ジボワイエの息子』(1862)などの作品がある。[本庄桂輔]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オージエ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オージエの関連情報

関連キーワード

アンペール阮福映ジョージアンペールラマルティーヌイコトイマッカーティー吉雄常三嘉慶帝ジョージ[3世]

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.