Rakuten infoseek

辞書

オーシャン島【オーシャンとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オーシャン島
オーシャンとう
Ocean Island
別称バナバ Banaba。中部太平洋,キリバスを構成する島の1つ。南緯0°3′,東経 169°32′に位置。周囲 10km,面積 6km2サンゴ島で,1804年イギリス船『オーシャン』号来航,1900年イギリス領となり,15年ギルバート・エリス諸島植民地に編入。中心集落タピワは同植民地のかつての行政中心地。本来の島民バナバ人は第2次世界大戦中の日本進攻時に疎開し,戦後フィジーへ移住したが,キリバス独立に際し分離独立を主張,79年キリバス領となった。現在の島民の大半はギルバート諸島からの移住者。かつてはリン鉱石におおわれた島で,70年代初めには年間 55万tを採掘したが,79年枯渇した。人口約 2200。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オーシャン‐とう〔‐タウ〕【オーシャン島】
Ocean Island》太平洋中部、キリバス領の島。ギルバート諸島の西方約400キロメートルに位置する。20世紀初頭より太平洋の主な燐(りん)鉱石産地だったが、1970年代に枯渇。バナバ島

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

オーシャン島
おーしゃんとう
Ocean Island
太平洋中西部、キリバス領の島。ギルバート諸島から西に約400キロメートル離れた赤道南部に位置する孤立した一島。周囲約10キロメートル、面積5.2平方キロメートル。人口339(1995)。真珠貝の形をした隆起サンゴ礁で、最高点は標高78メートル。別名バナバBanaba島、パーノパPaanopa島ともいう。1804年イギリス船オーシャン号が発見、その船名を島名とした。燐(りん)鉱石に富み、イギリスの鉱山会社の下にギルバート諸島人と中国人労働者が流入した。しかし島の先住民バナバ人のほうは、鉱山の土地買収によって島を追われ、フィジーのビチ・レブ島に移住させられた。その後燐鉱石は枯渇し、鉱山は衰退した。[大島襄二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーシャン島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オーシャン島の関連情報

関連キーワード

バナバ島オーシャン[島]

他サービスで検索

「オーシャン島」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.