Rakuten infoseek

辞書

オーケストラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オーケストラ
orchestra
管弦楽を多重編成で演奏する団体。現在 100名前後の大規模な編成のものが標準。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ニューヨーク・フィルハーモニックボストン交響楽団のように演奏会中心に活動するもの,ミュンヘン国立歌劇場ミラノ・スカラ座管弦楽団のように常設歌劇場専属のもの,NHK交響楽団のように放送局専属のものなどがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オーケストラ(orchestra)
管弦楽」に同じ。
管弦楽を演奏する団体。管弦楽団

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宝塚用語辞典

オーケストラ
1914年の宝塚少女歌劇初演時よりオーケストラ伴奏を使用。宝塚大劇場と東京宝塚劇場には舞台前面と銀橋(エプロンステージ)の間にオーケストラボックスがある。

出典:宝塚歌劇公式ホームページ「宝塚用語辞典」

世界大百科事典 第2版

オーケストラ【orchestra】
弦楽器,管楽器,打楽器,鍵盤楽器その他,さまざまな楽器を組み合わせた大規模な合奏および合奏団を意味し,室内楽や特殊な編成の〈バンド〉と区別して用いられる。欧米語の〈オーケストラ〉の語源は,ギリシア語orchēstraで,古代ギリシアの円形劇場の平土間を意味した。明治時代に,雅楽の用語を用いて,〈管弦楽〉と訳された。管弦楽船山 隆】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

オーケストラ【orchestra】
管楽器・弦楽器・打楽器など多くの楽器で合奏する音楽。管弦楽。
管弦楽を演奏する楽団。管弦楽団。 「 -を結成する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

オーケストラ
おーけすとら
orchestra
古代ギリシアの劇場で、舞台とそれを囲むように設置された観客席との間にできた半円形の場所をさし、そこで舞踊や器楽、合唱が行われたため、のちに近代の劇場の平土間席の呼称になった。また、オペラの上演にみられるように、舞台と観客席の間で奏する器楽奏者のグループにもこのことばが適用され、さらにこのグループがオペラから独立して演奏する場合にも、オーケストラと称されるようになった。[美山良夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーケストラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オーケストラの関連情報

他サービスで検索

「オーケストラ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.