Rakuten infoseek

辞書

オヴス-ヌール盆地【オヴスヌールぼんち】

世界遺産詳解

オヴスヌールぼんち【オヴス-ヌール盆地】
2003年に登録された世界遺産(自然遺産)で、モンゴルの首都ウランバートル北西にある、モンゴルとロシアにまたがる盆地。塩分の濃い浅い湖であるオヴス・ヌール湖を中心とした盆地で、氷河がある高山帯から、ツンドラ、砂漠、ステップなどまで含む。モンゴルの4つの自然保護区とロシアの8つの自然保護区を合わせた総面積は、1万688km2に及ぶ。自然条件は過酷で、気温は夏は47度、冬はマイナス58度と極端である。こうした厳しい環境にもかかわらず、多くの野生生物が生息している。砂漠性ステップにはモウコガゼルやマダライタチなどの稀少動物、山岳地域にはユキヒョウなどの絶滅危惧種が生息し、オヴス・ヌール湖には、シベリアから南下するユーラシアヘラサギなどの渡り鳥が飛来する。生息する植物も、ツンドラのヒゲハリスゲ、イソツツジなどの低木、常緑針葉樹のヨーロッパアカマツや落葉小高木のケカンバなど多種多様である。このように中央アジアの自然がほとんど手つかずで残っていることが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はUvs Nuur Basin

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オヴス-ヌール盆地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オヴス-ヌール盆地の関連情報

関連キーワード

生化学重症急性呼吸器症候群小津安二郎日本郵便制度史(年表)アレックス ロドリゲス無形文化遺産保護条約HomeStyle+科学技術イラク戦争ナンシー(Jean-Luc Nancy)

他サービスで検索

「オヴス-ヌール盆地」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.