Rakuten infoseek

辞書

オングストローム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オングストローム
Angström, Anders Jonas
[生]1814.8.13. イグデー
[没]1874.6.21. ウプサラ
スウェーデンの物理学者。ウプサラ大学で学び,同大学の私講師 (1839) を経て,物理学教授 (58) 。 1843年以降はウプサラ天文台の観測員も兼ねた。おもな業績はスペクトル分析に関するもので,53年にはオイラーの共振理論から出発し,高熱気体が特定の波長の光を放射もし吸収もするという分光学の基礎的原理を導いた。また太陽スペクトルの分析から,太陽大気中に水素が存在することを突止め (62) ,太陽スペクトルの詳細な図を作成した (68) 。さらにオーロラのスペクトル分析にも初めて着手し,分光学の広範な基礎を築いた。長さの単位オングストロームは彼の名にちなむ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オングストローム
angstrom
分光学,結晶学などで用いられる長さの慣用単位。記号は Å 。 1Å=10-10m 。単位名は A.J.オングストロームの名にちなむ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オングストローム(angstrom)
光学結晶学で用いられる長さの単位。1億分の1センチ、すなわち0.1ナノメートルスウェーデン物理学者オングストレームが太陽光の波長を記載するのに用いたことにちなむ名。記号AまたはÅ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

オングストローム
 長さの単位.10−10m.Åと略す.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オングストローム【angstrom】
長さの単位で,記号はÅまたはA。原子物理学や結晶学,分光学などで多用され,原子間隔や光のスペクトル線の波長を表したりする。1868年にスウェーデンの物理学者A.J.オングストレームが太陽スペクトル線を測定したとき,10-8cmを単位としてその波長を表したのが始まりである。のちにカドミウム赤線の波長を基に定義されたが,現在では1Å=10-10mと定義されており,国際単位系(SI)とは暫定的に併用が認められている。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

オングストローム【angstrom】
〔オングストレームの名にちなむ〕
長さの補助単位。百億分の1メートル。電磁波の波長測定や、原子物理学・結晶学・分子学などで用いる。記号 Å で表す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典

オングストローム【angstrom】
長さの単位。記号は「Å」。1Åは0.1ナノメートル、つまり1億分の1cm。分光学などで使用される。X線の波長は1Å前後、可視光線は約3800~7800Åである。◇名称は、スウェーデンの物理学者オングストレームにちなむ。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

オングストローム
おんぐすとろーむ
angstrom
長さの単位で、10-10メートルをいう。テンスメーターtenth meterともいう。国際単位系(SI)には含まれないが、その他の非SI単位として示されている。記号はÅである。原子的な測定や可視、近赤外および近紫外領域の電磁放射の波長を表すのに使われる。カドミウムの赤色線の波長から導かれたもので、体積で0.03%の炭酸ガスを含み、標準大気圧で温度が1℃の乾燥空気中でのその波長が6438.4696オングストロームと約束されている。この単位は1927年の国際度量衡総会で承認された。名称はスウェーデンの物理学者オングストレームが太陽スペクトルの波長を記載するのに用いたことにちなむ。[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オングストローム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オングストロームの関連情報

関連キーワード

ブルボン朝葛飾北斎奈破崙パジェスファン=デン=ブルークモーニッケラクロスミス竹垣直温エイズボル憲法

他サービスで検索

「オングストローム」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.