Rakuten infoseek

辞書

オロスコ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オロスコ
Orozco, José Clemente
[生]1883.11.23. ハリスコ,サボトラン
[没]1949.9.7. メキシコシティー
メキシコの国民的画家。初め国立農学校に学び,のち建築家を志して国立大学に入学したが,17歳のとき事故で左手を失い,1909年に画家を目指して,サン・カルロス美術学校で学ぶ。 13年に歴史画『サン・ファン・デ・ウルア』を描き,一躍有名になった。 22年シケイロスリベラメキシコシティーの「瓦の館」などにフレスコの壁画を描く。 27~32年アメリカで制作,ポモナ大学をはじめ各地に巨大な壁画を残した。 32年渡欧,34年帰国。晩年の大作にメキシコシティーのスタジアムの大フレスコ画がある。作品は戦争の悲劇を大胆かつ象徴的に取扱ったものが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オロスコ(José Clemente Orozco)
[1883~1949]メキシコの画家。革命戦線の悲劇的な光景を強烈なタッチで象徴的に描いた壁画で有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オロスコ【José Clemente Orozco】
1883‐1949
メキシコの画家。リベラ,シケイロスと並ぶ壁画の巨匠の一人。農業経済を学んだ後,1908年から国立美術学校で学ぶ。メキシコ革命中は《バンガルディア》紙に挿絵を描いた。23年国立高等学校で初の壁画を完成させ,以後タイルの家,オリサバ労働者教育センターの壁画等を制作。27年アメリカ合衆国に渡り34年まで滞在した。36年からグアダラハラで制作するが,このころから革命後の社会のあり方に批判的になり,不幸なメキシコ人民の姿を黒白の限定された色調で描く。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

オロスコ【José Clemente Orozco】
1883~1949) メキシコの画家。メキシコ革命に参加。戦乱の悲劇的情景を描き、メキシコのゴヤといわれた。いくつもの大壁画を制作。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

オロスコ
おろすこ
Jos Clemente Orozco
(1883―1949)
メキシコの画家。リベラ、シケイロス、タマヨと並ぶメキシコ画壇四大巨匠の一人で、フレスコ壁画の運動と実作に活躍した。11月23日ハリスコ州の小村に生まれる。メキシコ市の農学校を卒業し、大学で数学、建築を学んだが、志を変えてサン・カルロス美術学校で絵を学び、在学中の1913年に歴史画『サン・ファン・デ・ウルア』の大作を描き、注目された。当時のメキシコでは民主革命の潮流がしだいに高まっており、彼も新聞に大統領批判の風刺画などを描いていたが、内乱が激化したのでアメリカに一時逃れ、帰国後はリベラやシケイロスとともに美術家組合をつくり(1923)、民族再興運動と大衆のための絵画を目ざし、大衆ならだれでも鑑賞できるフレスコ壁画に取り組み、メキシコ市のプレパラトリア(国立高校)や最高裁判所に大作を残した。また、メキシコ市スタジアムのフレスコも有名である。いずれも、メキシコのナショナリズムの思想のインディヘニスモ(インディオ文化復興主義)をうたったもので、革命に大いに貢献した。49年9月7日メキシコ市で没した。画風はどす黒い強烈さをもち、革命戦線の悲劇的光景をテーマとしたものが多く、「メキシコのゴヤ」とよばれた。ただし、20世紀の画家だけに、人物も構図もゴヤの写実的作品に比べて大胆な抽象性をもつ。油絵では『ビア将軍』『サパタ党員』などが代表的である。[深作光貞]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

オロスコ
(José Clemente Orozco ホセ=クレメンテ━) メキシコの画家。革命と戦乱を題材に、強烈な色彩と大胆な構図による巨大な壁画を残した。(一八八三‐一九四九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オロスコ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オロスコの関連情報

関連キーワード

アルマン条約ガルシン電気事業ユーイング(Sir James Alfred Ewing)フィラデルフィア・フィリーズサンフランシスコ・ジャイアンツポンキエリアモンウィンチェスターウェルクマイスター

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.