Rakuten infoseek

辞書

オレガノ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オレガノ
Origanum vulgare; oregano; wild marjoram
シソ科ハナハッカ属の多年草で,ハナハッカ和名をもつハーブの一種。地中海沿岸を中心に,中央アジア,中国まで広く分布し,おもに乾燥させた葉が,イタリア料理やスペイン料理香辛料として使われる。煎じて解熱利尿に利用されることもある。卵形の葉は対生し,白色または桃色の小さな花を枝先に多数密集させる。花の咲く直前の初夏の頃が,最も葉の香りがよいとされている。春に種をまき,日当たりと水はけのよい環境で育てる。高温多湿に弱いので,梅雨どきには整枝して蒸れないように管理する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オレガノ(oregano)
シソ科の多年草。高さ約50センチ。夏から秋にかけ淡紅紫色の小花をつける。葉に芳香辛みがあり、薬味、香辛料とする。ヨーロッパ南部からアジア原産花薄荷(はなはっか)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

オレガノ
 [Origanum vulgare].オリガノ,ハナハッカともいう.シソ目シソ科ハナハッカ属の植物で,スパイスの一種.トマトケチャップ,チリパウダー,ウスターソースなどにも加えられている.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館

オレガノ
オレガノの語源は、ギリシャ語で「山の喜び」。その名のとおり、古くから地中海地方の山地に住む人々に、愛用されてきました。
 オレガノは比較的ポピュラーなハーブですが、かなり強力な薬効を示すことでも知られます。そのおもな作用は、強い抗酸化作用をはじめ、殺菌や解毒、鎮痛、消化器官の活動促進、駆虫(くちゅう)、強壮など。
 その作用によって、オレガノはかぜ、気管支炎、頭痛、月経痛、口内炎(こうないえん)、消化不良、腹痛、疲労倦怠(ひろうけんたい)といった症状の改善に効果を発揮します。
○外用としての使い方
 また、精油を入浴剤として用いれば、精神をリラックスさせる効果があり、ノイローゼや不眠症、不安神経症に効果的。同様に、精油を用いてマッサージを行えば、打撲(だぼく)やねんざにも効果があります。
 そのほか、カンジダ症や乾癬(かんせん)、にきびにも有効ですが、妊娠中の女性が精油を使うのは、刺激が強いので避けたほうがいいでしょう。
〈トマト料理と相性バツグン。肉の臭み消しにも効果的〉
○食品としての使い方
 ほろにがい味と樟脳(しょうのう)に似た清涼感のある芳香が特徴です。マージョラムとは姿、香りともに似ていますが、オレガノのほうが香りが強く、野性的な感じがします。
 イタリア料理やギリシャ料理に多用され、ピザなどのトマトの料理には欠かせません。羊肉に振りかければ、臭みを消す効果を発揮。オムレツに少量加えれば、風味を引き立てます。
 日本で一般に出回るのは乾燥したものですが、生の葉が手に入れば、そのまま刻んでサラダやドレッシングに入れてもいいでしょう。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

世界大百科事典 第2版

オレガノ【oregano】
シソ科の多年草(イラスト)。和名をハナハッカ(花薄荷)といい,香辛料にし,また観賞用のために栽培することもある。高さ30~60cm,マヨラナに似る。葉は長さ1.5cmでよい香りがあり,快い苦みをともなう。花は紫を帯びた淡紅色で直径4mm,シソ科に特有の唇形花で,7~10月に茎の先に多数が穂状に咲く。ヨーロッパから西南アジア原産地で,現在ではギリシア,トルコ,イタリア,フランス,ポルトガルなどのほかメキシコ,ドミニカなどの新大陸でも広く栽培されている。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

オレガノ【orégano】
シソ科の多年草。地中海沿岸原産。高さ約60センチメートル。夏から秋にかけて茎頭に淡紅紫色の小花を穂状につける。葉はイタリア料理などの香辛料となる。ハナハッカ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

オレガノ
おれがの
common marjoramoregano
[学]Origanum vulgare L.
シソ科の多年草。よく似た同属のマヨラナ(マージョラム、マジョラム)と同じく和名はハナハッカ。高さ30~60センチメートル、葉は長さ1.5センチメートルほどでよい香りと快い苦味(にがみ)をもつ。花は直径4ミリメートルの唇形で、紫を帯びた淡紅色。花は7~10月、茎の先に穂状に開く。ヨーロッパから西アジアの原産で、日本へは江戸末期に渡来した。ハーブとして多くの用途があるため、地中海沿岸諸国のほかアメリカでも広く栽培する。花期に全草を刈り取り、乾燥して保存する。[星川清親]
 葉を乾燥させたものを香辛料として使う。樟脳(しょうのう)に似た芳香、辛味とほろ苦味はトマトととてもよくあうので、トマトを使ったイタリア料理、とくにピッツァには欠かせない香辛料である。スパゲッティ(ミートソース、ナポリタン)、オムレツ、ビーフシチュー、マトンやラム肉の料理、トマトジュースにもよく使われる。フランス料理の基本といわれる多くのソースも、このオレガノを主体とした古代ローマ時代のソースの発展した姿であるといわれる。[齋藤 浩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オレガノ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オレガノの関連情報

他サービスで検索

「オレガノ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.