Rakuten infoseek

辞書

オレイルアルコール

栄養・生化学辞典

オレイルアルコール
 C18H36O (mw268.48).CH3(CH2)7CH=CH(CH2)7CH2OH.(シス体).高級アルコールの一つ.マッコウクジラから採取される油脂中にセチルアルコールなどとともに脂肪酸エステルとして存在.洗剤,インク,界面活性剤,可塑剤などの原料.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オレイルアルコール【oleyl alcohol】
オレインアルコールolein alcoholともいう。二重結合を1個もつ代表的な不飽和高級アルコール。化学式CH3(CH2)7CH=CH(CH2)7CH2OH。マッコウ鯨油,ツチ鯨油などに含まれている。無色の液体で,融点2℃,沸点208~210℃(15mmHg),比重0.8485(20℃),屈折率1.4607。マッコウ鯨脳油の不ケン化物を約3倍のアセトンに溶解し,冷却して析出する固体をろ(濾)別したろ液を蒸発させて液体不ケン化物を分取する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

オレイルアルコール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オレイルアルコールの関連情報

関連キーワード

ケトンヘキサンアルカンカルボン酸巨赤芽球性貧血ブチルアルコールメチル水銀カコジル超共役吉草酸

他サービスで検索

「オレイルアルコール」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.