Rakuten infoseek

辞書

オルメカ文化【オルメカぶんか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オルメカ文化
オルメカぶんか
Olmeca culture
メキシコ南東部,タバスコ地方のサンロレンソと,メキシコ湾岸近くの沼地に浮かぶ小島の都市ラ・ベンタを中心として前 1150年頃に始り,前 1100年から前 800年頃に栄えた文化。原始的なトウモロコシ農耕を主要生業とし,狩猟や漁労も営んでいたらしい。宗教は地下神=農耕神的性格をもつジャガー信仰を基盤とする。オルメカ文化はジャガーのモチーフを用いた力強い芸術様式によって特色づけられる。この芸術様式はのちにメキシコ高原マヤ地帯にも広がっていった。ラ・ベンタには 120m× 70mの堆土のピラミッドを中心に南北 2kmにわたる祭祀センターが設置され,50t余の石碑をはじめ,巨石人頭,石槍石彫などが残されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オルメカぶんか【オルメカ文化】
メソアメリカの初期都市文化。メキシコ湾岸,現在のベラクルス州南部からタバスコ州にかけての熱帯多湿の地方に,前800‐前300年ころに栄えた。神殿を築き,特異な美術様式をもつこの文化は,メソアメリカはもちろん,その外部にまで文化的影響を与え,その後のメソアメリカ文化の方向を定めたと主張する人も多い。また,南米アンデス地方のチャビン文化との類似性も問題とされている。オルメカOlmeca文化の特徴は,〈ベビー・フェース〉と呼ばれる幼児の姿をもった土偶や石偶,ジャガーの爪・口・眉などの特徴を備えた人物像,巨石人頭像,石碑や祭壇などの石彫,硬玉細工,広場とそれを囲むピラミッド神殿などの建造物複合体,玄武岩の柱を組み合わせた墳墓などが挙げられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オルメカ文化
おるめかぶんか
Olmeca
中央アンデス(ペルー)のチャビン文化とともに、アメリカ大陸最古の文化。メソアメリカ文明の母ともいわれる。紀元前二千年紀にメソアメリカに成立した集約農耕に基づいて発生したといわれ、地域社会を精神的に統合する大祭祀(さいし)センターを中心として、メキシコ中央部から中央アメリカ南部に至る地域に広く影響を与えた。代表的な遺跡は、メソアメリカの亜熱帯低地、すなわちメキシコのベラクルス、タバスコ両州に集中し、ラ・ベンタ、サン・ロレンソ、トレス・サポテスなどが有名である。年代はサン・ロレンソがもっとも古く、前1200~前900年に栄えたとされ、その後、前800年ごろからラ・ベンタが興ったと考えられている。それらの神域には大きな石彫、とくに高さ3メートルほどの頭飾りをつけた巨人頭像や、神々の像を表す碑石や、土を盛った祭壇、ピラミッドなどがつくられ、地中から奉納された石製品や石の排水溝なども発見されている。しかもそれらの原料石は近隣で産出せず、遠隔地から運ばれた可能性が強い。したがって、オルメカの祭祀センター建設のためには多くの人間が動員されたと考えられ、当時すでに広域の人口を支配する政治システムが成立していたことが推定される。また、メキシコのゲレーロ州、グアテマラのモタグア川地方などに産する翡翠(ひすい)を材料に小型の石偶や聖斧(せいふ)などが多量に生産され、メソアメリカ各地に分布している点からも、オルメカの祭祀センターを中心とした、巡礼や交易のネットワークが成立していたことが想像される。[増田義郎]

芸術的特徴と文化的影響

オルメカの芸術スタイルの特徴は、単純な、だが雄渾(ゆうこん)な線によって人物や神像を描き出す点にある。「ベビー・フェース」または「半ジャガー人」とよばれる、ジャガーと人間の融合した顔と体をもつ神像や、蛇の表象などは、オルメカ人の水神信仰と関係があるといわれ、ベビー・フェースから、後のメキシコ文明の主神の一つ、雨の神チャックの顔が合成されたと説く学者もいる。
 石彫、碑石、祭壇など、後のマヤ文化と共通の要素が少なくないが、スタイルのうえではかなり相違しており、石の表面を装飾でうずめ尽くすマヤの石彫とちがって、彫刻に空白を残す傾向が強い。オルメカ文化は前200年ごろまでに勢いを失い、その影響を受けたメキシコ中央高原の諸祭祀センターや、オアハカのモンテ・アルバンなどが台頭する。またメキシコ南部太平洋岸に興りグアテマラ高原まで広がったイサパ文化にもオルメカの影響は現れている。そのころメキシコ湾岸地方には、セロ・デ・ラス・メサスという祭祀センターが命脈を保っており、その後の時代まで続くが、この遺跡にはイサパ文化の影響が著しいと同時に、翡翠の聖斧が大量に発見されており、オルメカ文化の影響が依然として強かったことを示している。このセロ・デ・ラス・メサスからは、後のマヤ暦と同じ原理による、点と線を用いた暦表記が発見されていて、西暦に換算すると前31年にあたり、メソアメリカにおける最古の年代表記である。オルメカ文化はイサパ文化に吸収され、やがて古典期マヤ文化の形成につながっていったと解釈されている。[増田義郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オルメカ文化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オルメカ文化の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.