Rakuten infoseek

辞書

オルフェウス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オルフェウス
Orpheus
天才的楽人で,密儀宗教オルフェウス教を創始したとされるギリシア神話の英雄。トラキア王オイアグロスとミューズの一人カリオペの間に生まれた子とも,父はアポロンだったともいわれる。トラキアの王となり,自身が発明したとも,7弦だったものをミューズの数にちなみ9弦にしたともいわれる竪琴の音楽と歌の力によって,野獣や山川草木まで魅了し,アルゴ船の遠征にも参加して重要な役割を演じた。ニンフのエウリュディケと結婚し,エウリュディケが新婚まもなく毒ヘビにかまれて死ぬと,愛用の竪琴を持って冥府に行き,音楽の力でハデスペルセフォネの心を動かし,エウリュディケを上界に連れ帰る許可を与えられた。だが地上に着く寸前に,条件として課されていた,冥府にいる間は振り返って背後のエウリュディケの姿を見てはならないという禁止に違反してしまい,エウリュディケを地獄に連れ戻され,1人で地上に戻ったという。このあと冥府での経験に基づき,死後の世界の秘密を入信者に伝授する密儀宗教を創設したが,女性の入信を許さなかったうえに,エウリュディケ以外の女性にまったく無関心であったため,トラキアの女たちの怒りを買い,殺されて死体を八つ裂きにされ,川に投げ捨てられた。するとオルフェウスの頭と竪琴は,海を越えてレスボス島に流れ着き,そこで島民たちにより手厚く葬られ,これがレスボス島で抒情詩が栄える原因になったという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オルフェウス(Orpheus)
ギリシャ神話で、詩人・音楽家で竪琴(たてごと)の名手。死んだ妻エウリュディケを連れ戻そうと冥界(めいかい)に下ったが、冥界の王ハデスとの約束に反して、後ろを振り向いて妻を見たため、望みを果たせなかった。その死後、竪琴は天に昇って星座となったという。オルペウス。オルフェ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

オルフェウス
ロシア出身、アメリカで活躍した振付家ジョージ・バランシンによるバレエ(1948)。原題《Orpheus》。初演はバレエ・ソサエティー(ニューヨーク・シティ・バレエ団の前身)。音楽はストラヴィンスキー

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オルフェウス【Orpheus】
ホメロス以前に活躍したという古代ギリシアの伝説的な詩人にして音楽家,またオルフェウス教の開祖。トラキア王オイアグロスOiagrosとムーサのカリオペKalliopēの子。アポロンを父とする説もある。アポロンから竪琴を授かり,ムーサたちからその奏法を教えられて,鳥獣草木をも魅了するほどの卓越した楽人となった。このため,アルゴナウタイの遠征(アルゴナウタイ伝説)に参加したときも,琴を弾じて浪風をしずめ,セイレンたちの待ちかまえる海の難所では,みずからの歌で彼女たちの魔法の歌を負かして船の安全を保った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

オルフェウス【Orpheus】
ギリシャ神話に登場する、トラキアの詩人・音楽家。オルフェウス教の創設者とされる。アポロンから与えられた竪琴に合わせて歌う彼の歌は鳥獣・山川草木をもひきつけたという。アルゴー号の遠征に参加。死んだ妻エウリュディケーを冥府から連れ戻そうとしたが、冥府の王ハデスとかわした約束を破って後ろの妻を振り返ったため永遠に彼女を失う。ディオニュソス祭の狂乱の中で、トラキアの女たちに裂き殺され、竪琴は星となったという。オルフェ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

オルフェウス
おるふぇうす
Orpheus
ギリシア神話に登場する楽人であり、詩人。父はアレスの子、あるいはピエロスの子といわれるオイアグロスで、母はムーサたちの一人カリオペといわれ、オリンポス山の北のトラキアで生まれた。彼の美しい声と妙なる竪琴(たてごと)の調べは、野獣はもちろん森の樹木にも感動を与えたという。彼はアポロン神から授けられた7本弦の竪琴を、母とその姉妹のムーサたちをたたえて9本弦に改良したとされ、別伝では竪琴の発明者ともされる。アルゴ船遠征のとき、オルフェウスはアンテモエッサ島の魔女セイレンの誘惑を竪琴と歌によってはねのけ、またコルキスの竜を眠らせ、荒波をも静めた。またエジプトに旅行したとき、オシリスの秘儀に入信し、のちにその霊感に基づいてエレウシスの秘教を創設した。
 彼の妻であるニンフのエウリディケが、散歩の途中に牧人アリスタイオスに追われて毒蛇にかまれ世を去ったとき、オルフェウスは、愛する妻を取り戻すために冥界(めいかい)に下った。彼の奏でる音楽は、冥府の番犬ケルベロスや、怒れるエリニデスをはじめ、地獄のあらゆる住人を魅了した。冥界の神ハデスとその妻ペルセフォネは、地上に出るまではけっしてエウリディケの顔を見ないという約束で彼女を連れ戻すことを許した。しかし、喜んで妻を従えて地上へ急いだオルフェウスは、あと一歩というところで誘惑に負けて後ろを振り返ったため、エウリディケはふたたび冥府へ落とされた。妻を慕うあまり、そののちすべての女の求愛を退け続けたオルフェウスは、トラキアの女たちに恨まれて八つ裂きにされ、ヘブロス川へ投げ捨てられた。彼の首と竪琴は、川を下ってレスボス島に漂着し、島の住民はこれを手厚く葬った。そのオルフェウスの墓からはしばしば竪琴の調べが聞こえてきたと伝えられ、レスボス島はこの伝説に由来して叙情詩の中心地とよばれるようになった。のちにオルフェウスの竪琴は、アポロンとムーサらの求めでさらに天上に運ばれて星座となり、オルフェウスの魂は永遠の楽園エリシオンへ導かれたという。
 なお、オルフェウスは紀元前6世紀ごろに栄えたオルフェウス教の創始者ともみなされている。[小川正広]

音楽

の超自然的な力を象徴し、劇的な展開にも恵まれたオルフェウスの伝説は、音楽の分野でも格好の題材として取り上げられ、カンタータ(例ペルゴレージ)や交響詩(例リスト)、そしてとりわけオペラにおいて数多くの作品を生み出した。なかでもモンテベルディの『オルフェオ』(1607初演)は、力強い朗唱と多彩な楽器編成によって、豊かな表出力をもつ近代音楽への一歩を踏み出し、またグルックの『オルフェオとエウリディーチェ』(1762初演)は、ことばのニュアンスを重んじ、過度の音楽的装飾を排してオペラ改革を実現した重要な作品である。なお、両者とも悲劇的な結末をキリスト教的な神の救済に置き換えているが、筋書き全体を喜劇的にもじったのが、オッフェンバックの有名なオペレッタ『天国と地獄』(原題『地獄のオルフェ』、1858初演)である。[三宅幸夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

オルフェウス
(Orpheus) ギリシア神話の詩人、音楽家。アポロンに授けられた竪琴(たてごと)に合わせて歌うと野獣や草木も聞きほれたという。死んだ妻エウリディケを連れ戻すため黄泉(よみ)の国へくだったが冥王との約束を破ったので果たせなかった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オルフェウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オルフェウスの関連情報

他サービスで検索

「オルフェウス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.