Rakuten infoseek

辞書

オルセー美術館【オルセーびじゅつかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オルセー美術館
オルセーびじゅつかん
Musée d'Orsay
フランス,パリにある美術館。1900年のパリ万国博覧会の際に建設されたオルセー駅を改装し,1986年に開館。1848~1914年の美術を扱い,ルーブル美術館パリ国立近代美術館(→ジョルジュ・ポンピドー国立芸術文化センター)との間隙を埋める役割を果たす。そのためにルーブル美術館とかつての印象派美術館,パレ・ド・トーキョーの近代美術館,リュクサンブール美術館の関連する収蔵品が一括された。新古典主義ロマン主義(→ロマン主義美術)から,バルビゾン派,印象派(→印象主義)を経て,後期印象派象徴主義にいたる近代フランス美術の流れを,アカデミーの動向をも含めて網羅している。代表的収蔵品にポール・セザンヌ『トランプをする男たち』,エドガー・ドガ『ダンス教室』,ジャン・フランソア・ミレー落穂拾い』,クロード・モネ『睡蓮の池』,ピエール・オーギュスト・ルノアールムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場』などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オルセー‐びじゅつかん〔‐ビジユツクワン〕【オルセー美術館】
フランス、パリにある国立近代美術館。旧オルセー駅(Orsay)を増改築し、1986年に開館。1848年から1914年の美術作品を中心に所蔵

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報

オルセー美術館
フランスのパリにある19世紀美術専門の美術館で、印象派の画家の作品が数多く収蔵されていることで有名です。かつてオルレアン鉄道の終着駅だった駅舎をそのまま利用し、1986年、オルセー美術館が開館しました。現在ではパリの観光名所としてすっかり定着し、旧印象派美術館(ジュ・ド・ポーム)の収蔵品はすべてオルセーに引き継がれています。ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」、ドガの「青い踊り子達」、ゴッホの「オーヴェル・シュル・オワーズの教会」、ゴーギャンの「タヒチの女たち」などの名作があります。

出典:KNT近畿日本ツーリスト(株)

世界大百科事典 第2版

おるせーびじゅつかん【オルセー美術館】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オルセー美術館
おるせーびじゅつかん
Muse d'Orsay
フランス、パリ市中央部、ルーブル美術館のセーヌ川斜め対岸に位置する国立美術館。フランスに二月革命が起きた1848年から第一次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)した1914年までの絵画・彫刻・工芸・建築・デザイン・写真などの芸術作品を収集展示している。古代から19世紀前半までのコレクションを誇るルーブル美術館と20世紀の現代美術を対象とするポンピドー・センターの国立近代美術館をつなぐ美術館としての役割を担う。コレクションはルーブル美術館、印象派美術館として親しまれていたジュ・ド・ポーム美術館(現代美術専門に1991年再オープン)、装飾美術館などから集められた。クールベ、マネをはじめとして日本で人気の高いモネやルノアールなどの印象派、セザンヌ、ゴーギャン、ゴッホらの作品が鑑賞できる。「19世紀の都」としてパリが開花させた文化を多面的に紹介し、たとえば、館内に設けられたオペラ座のコーナーには、1875年に竣工(しゅんこう)したシャルル・ガルニエ設計のオペラ座とその界隈(かいわい)の100分の1の模型が展示されている。
 美術館の建物自体は、パリで万国博覧会が開催された1900年、トゥールやボルドー方面へ向かう鉄道の起点としてビクトール・ラルーVictor Laloux(1850―1937)が設計した旧国鉄オルセー駅の駅舎を改造したもので、この改造計画は大統領ポンピドーのもとで構想された。開館したのは1986年12月、大統領ミッテランの政権下であった。イタリアの建築家ガエ・アウレンティGae Aulenti(1927―2012)が、元の駅舎の構造や装飾を生かす方針に基づいて内装を担当し、館内の大時計などに駅舎当時のおもかげが残されている。[吉川節子]
『吉川逸治編『ルーヴルとパリの美術5 オルセー美術館1』『ルーヴルとパリの美術6 オルセー美術館2』(1985/1986・小学館) ▽丹尾安典ほか編『NHKオルセー美術館』全6巻(1990・日本放送出版協会) ▽ロバート・ローゼンブラム著、高階秀爾監訳『オルセー美術館の絵画』(1993・中央公論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オルセー美術館」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オルセー美術館の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門パリウンベルト1世義和団事変ケイロース酒井雄三郎ドール耐火物ベルトルッチセントルイス・カージナルス

他サービスで検索

「オルセー美術館」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.