Rakuten infoseek

辞書

オリンダ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オリンダ
Olinda
ブラジル北東部,ペルナンブコ州東部の都市。州都レシフェの北方,大西洋を見おろす低い丘の上にある近郊都市で,レシフェ大都市圏の一部をなす。 1537年ポルトガル人によって建設され,黒人奴隷の導入により発展したサトウキビのプランテーション地帯の中心地として繁栄。 1630~54年オランダ人に占領されていた間に,それまで砂糖積出港として利用されていたにすぎない南のレシフェが興隆,この地方の中心地となるとともに,オリンダは衰退。 16~17世紀の聖堂や修道院などの古い建築物が多数保存されている旧市街は,1982年世界遺産の文化遺産に登録。近年レシフェの急速な都市化に伴い,その高級住宅地区としても発展しつつある。人口 38万 9244 (1990推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オリンダ(Olinda)
ブラジルペルナンブコ州の大西洋に面する港湾都市。1537年、ポルトガル植民都市として築かれたが、1630年にオランダが占領、1654年に再びポルトガルが奪還した歴史をもつ。並みには両国の面影が残る。1982年、「オリンダ歴史地区」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オリンダ【Olinda】
ブラジル北東部,ペルナンブコ州の大西洋沿岸の風光明媚な古都。人口35万1449(1993)。北東部最大の都市レシフェの北7kmにある。早く砂糖産業の中心地となり,1630年頃まではレシフェはその港にすぎなかった。32‐54年のオランダ侵攻時に住民がレシフェに移動させられ,中心もそちらに移って,オリンダは砂糖貴族と宗教的権威の地となった。現在では大レシフェ州都圏内の郊外住宅地帯となっている。植民時代のバロック建築,教会などが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

オリンダ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オリンダの関連情報

他サービスで検索

「オリンダ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.