Rakuten infoseek

辞書

オリックス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オリックス
Oryginae; oryx
偶蹄目ウシ科オリックス亜科の動物の総称。オリックス属 Oryx,アダックス属 Addax,ローンアンテロープ属 Hippotragusなどが含まれる。肩高1~1.6m。雌雄ともに長い槍形,サーベル形,あるいは栓抜きのようにねじれた形の角をもつ。尾が長く,尾の先に毛総がある。アフリカの開けた場所,砂漠地帯,比較的明るい森林地帯にすむ。なお,狭義にはベイサオリックス Oryx beisaをさす。この種は肩高 1.1m,額から顔にかけて黒色の斑紋があり,前肢上部と体側に沿って黒色帯がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オリックス
ORIX CORPORATION
リース会社。1964年オリエント・リースとして設立。1969年株式額面変更のため同名のオリエント・リース(1950設立)に吸収合併される。1973年にオリエント・オート・リース(のちのオリックス自動車),1979年にファミリー信販(のちのオリックス・クレジット),1985年にバジェット・レンタカー(のちのオリックス自動車)などを設立。1988年にはプロ野球球団の阪急ブレーブスを買収。1989年現社名に変更した。リース事業のほか,不動産開発・賃貸事業,環境エネルギー事業,生命保険事業などを手がける。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オリックス(oryx)
ウシ科オリックス属の哺乳類の総称。大形から中形で、アフリカアラビア半島砂漠草原に生息するが、数は減少。雌雄とも槍状あるいはサーベル状の長い角をもつ。シロオリックスベイサオリックス・アラビアオリックスなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

オリックス
正式社名「オリックス株式会社」。英文社名「ORIX CORPORATION」。金融業。昭和39年(1964)「オリエント・リース株式会社」設立。平成元年(1989)現在の社名に変更。東京本社は東京都港区浜松町。大阪本社は大阪市西区西本町。総合リース会社。リース・融資事業を中心に金融サービスを多角展開。子会社で信託・保険・自動車リース・レンタカー事業も行う。プロ野球チーム「オリックス・バファローズ」の親会社。東京証券取引所第1部・ニューヨーク証券取引所上場。証券コード8591。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オリックス【oryx】
雄,雌とも長いまっすぐな,またはサーベル状の角をもった偶蹄目ウシ科オリックス属に属する哺乳類の総称。アラビアとアフリカの砂漠やサバンナに分布。肩高85~140cm,体長160~235cm,角50~127cm,体重55~255kg。ゲムズボックOryx gazella(英名gemsbok∥beisa),アラビアオリックスO.leucoryx(英名Arabian oryx),シロオリックスO.dammah(英名scimitar oryx)(イラスト)の3種がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

オリックス【oryx】
偶蹄目ウシ科オリックス属の哺乳類の総称。中・大形のレイヨウ。
の一種。ベイサオリックス。肩高1.2メートルほど。長さ1.2メートルに及ぶ槍やりのような角をもつ。体は灰色ないし黄褐色で美しい。中近東・アフリカの、砂漠や草原に分布。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

オリックス
おりっくす
oryx
哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科オリックス属に含まれる動物の総称。この属Oryxはアフリカ南部、西部、東部とアラビア南東部に分布し、砂漠や草原に生息する。大形ないし中形のアンテロープで、肩高は90~120センチメートル、体重は200キログラム内外である。雌雄ともに槍(やり)状、またはそれがサーベル状にカーブした長い角(つの)があり、長さは普通75~110センチメートルである。体色や斑紋(はんもん)は種によって異なる。普通5頭から十数頭の小群で暮らすが、雨期にはそれらが集まり、ときに100頭を超す大きな群れで生活する。群れはおもに雌と子からなり、雄は単独あるいは小群でいることが多い。草、木の葉、果実などを食べ、水がなくても長期間生存できる。交尾期になると雄どうしは角を突き合わせて闘うが、雄と雌も角を突き合わせて押し合う「打ち合い」(スパーリング)を行う。また、雄は雌を追いかけ、前足で雌の後ろ足の内側や外側に触れる「走り打ち」(ワイフキッキング)とよばれるディスプレーも行われる。妊娠期間は240~300日で、子は食物の豊かな雨期に産まれる。1産1子。乱獲され生息数は減少し、絶滅した種もあるが、次の4種が知られている。
 ゲムズボック(ケープオリックス)O. gazellaはアンゴラ、モザンビーク南部およびローデシア地方から南に分布する。角は100~122センチメートルあり、体は灰茶色で、額から鼻面と目から下あごにかけて黒斑がある。ベイサオリックスO. beisaはエリトリアからタンザニアにかけて分布する。角は70~105センチメートルで、体は黄土色。気が強く、ライオンさえも角で殺した例がある。シロオリックスO. dammahはセネガルからスーダンにかけて分布する。角は100~127センチメートルで、体は黄白色である。古代エジプト人は本種を家畜として飼育していたといわれる。アラビアオリックスO. leucoryxはアラビア半島に少数が生息し、もっとも絶滅が心配されている種である。角は75センチメートルほどで、体は汚れた白色。なお、オリックスはアダックスとともにオリックス亜科Oryginaeを形成する。[今泉忠明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

オリックス
〘名〙 (oryx) 偶蹄目ウシ科ブルーバック亜科の哺乳類。ただし近縁の二種を含むオリックス属三種の総称としていわれることもある。体長二メートル、体高一二〇センチメートル前後で、角はまっすぐ伸びてでは一メートル以上になる。雌の角は雄より短く細い。体色灰褐色で、顔には白と黒の特徴的な模様がある。また白い腹部と体側との境界黒帯が走り、脚にも黒い帯がある。アフリカの乾燥草原に生息し、群れで生活する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オリックス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オリックスの関連情報

他サービスで検索

「オリックス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.