Rakuten infoseek

辞書

オリサバ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オリサバ
Orizaba
メキシコ中部,ベラクルス州中部の都市。メキシコ市の東南東約 230km,メキシコ高原南東端部東斜面の谷にあり,標高約 1280m。北西方にはメキシコの最高峰シトラルテペトル火山 (5700m) がそびえる。アステカ族の軍事拠点であった地に,16世紀スペイン人が建設。現在ベラクルス港とメキシコ市を結ぶ幹線道路と鉄道が通る交通の要地であるが,植民地時代にもこの重要な交通路を守る戦略上の要地として発展し,たばこや織物の生産で繁栄。現在周辺の農業地帯の商工業中心地で,タバコトウモロコシサトウキビ穀物などを集散し,繊維,たばこ,ビールなどの工業が立地。乾燥したメキシコ高原と高温多雨の熱帯低地の間に位置し,温和な気候に恵まれるため,保養・観光地としても知られる。オリサバ工科大学 (1957) 所在地。人口 11万 3516 (1990推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オリサバ(Orizaba)
メキシコ東部、ベラクルス州の都市。首都メキシコシティーの南東約220キロメートル、同国最高峰オリサバ山の南東麓に位置する。植民地時代から交通の要地として栄え、現在はビール、紡績などの工場が立地する商工業の中心地となっている。周辺は農業地帯が広がり、サトウキビ、タバコを産する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

オリサバ
おりさば
Orizaba
メキシコ中東部、ベラクルス州の観光・保養都市。メキシコの最高峰オリサバ火山の山麓(さんろく)、標高1241メートルに位置する。人口11万8552(2000)。メキシコでもっとも雨の多い地帯の一つで、山の雪解け水と雨による良質な水を利用したビール工場や製糸工場がある。郊外ではサトウキビが栽培され、東方約30キロメートルのフォルティンは「花園の町」として有名である。[高木秀樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オリサバ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オリサバの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.