Rakuten infoseek

辞書

オリサバ火山【おりさばかざん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

オリサバ火山
おりさばかざん
Pico de Orizaba
メキシコの首都メキシコ市東方、オリサバ市の北西にそびえる安山岩質活火山。別名シトラルテペトルCitlaltepetl(星の山の意)。標高5675メートル。同国の最高峰で、北アメリカでは第3位の山である。16~17世紀に4回噴火したが以後は平穏である。四季を通じて雪を頂き、山麓(さんろく)のオリサバ市は水に恵まれて紡績が発達し、周辺ではサトウキビの栽培が盛んである。[諏訪 彰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オリサバ火山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オリサバ火山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.