Rakuten infoseek

辞書

オランウータン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オランウータン
Pongo pygmaeus; orangutan
霊長目オランウータン科。雄の頭胴長 1.4m,体重約 75kgで,類人猿類ではゴリラに次いで大型。全身赤褐色の長毛におおわれる。尾はない。雄は成長すると頬部にひだのような広がりができる。単独または母子単位で樹上生活をする。昼行性で,小枝やつる草などを集めて樹上に巣をつくり,夜はそこで寝る。果実を主食とするが,木の葉,種子,鳥の卵なども食べる。妊娠期間8~9ヵ月。普通1産1子。乱獲と森林伐採により,生息数が減少し,その絶滅が心配されている。生息地で捕獲が禁止されているだけでなく,世界各国で輸入規制が行われている。ボルネオ (カリマンタン) ,スマトラ両島にのみ分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オランウータン(orangutan)
《マレー語で、「オラン」は人、「ウータン」は森の意》霊長目ヒト科に分類される哺乳類の一。スマトラオランウータンとボルネオオランウータンの2種がある。体長110~150センチ。雄のほうが大きい。体毛は長く赤褐色、顔面は無毛。上肢は著しく長く、ほとんど樹上で生活し、木の枝を集めて寝床を作る。猩々(しょうじょう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オランウータン【orang‐utan】
ショウジョウ(猩々)とも呼ばれる。アフリカのゴリラ,チンパンジー,ピグミーチンパンジーに対して,オランウータンはアジアの唯一の大型類人猿である(イラスト)。霊長目ショウジョウ科。インドネシアのボルネオ島とスマトラ島のそれぞれに生息する2亜種が区別されているが,亜種間の違いはそれほど顕著なものではない。オランウータンというのは〈森の人〉を意味するマレー語で,彼らの生息地はこの2島の熱帯降雨林に限られている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

オランウータン【orang utan】
マレー語で、森の人の意
ショウジョウ科の哺乳類。大形の類人猿で、雄は背の高さ1.4メートルほどになる。上肢は非常に長い。全身赤褐色の長い毛で覆われるが顔は無毛。小さな群れで樹上生活をし、果実・芽などを食べる。カリマンタン島・スマトラ島の熱帯雨林にすむ。ショウジョウ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

オランウータン
おらんうーたん
orang-utan
[学]Pongo pygmaeus
哺乳(ほにゅう)綱霊長目ショウジョウ科の動物。オランウータンの名は「森の人」を意味するマレー語に由来し、別名をショウジョウ(猩猩)ともいう。テナガザル類とともにアジアの類人猿Asian apesを、またアフリカの3種の類人猿とともに大形類人猿great apesを構成する。現生種はボルネオ島とスマトラ島に分布するが、中国南部などの更新世(洪積世)の地層から多くの化石が発見されている。オランウータンは、ヒトニザル上科のなかで、ヒトとアフリカの類人猿の幹から、より早い時期に分岐したと考えられている。雄の身長は約1.4メートル、体重は約70キログラムであるが100キログラムを超す例も知られている。性差が大きく、雌は40キログラム前後にしか達しない。上肢は下肢に比べて著しく長い。全身赤褐色で、まばらな長毛に覆われ、顔面は無毛で暗色。老雄は頬(ほお)から側方に広がる皮膚のひだのため顔幅が大きくみえる。巨大な喉頭嚢(こうとうのう)がのどから前胸にかけて発達している。歯の数は32本でヒトと同じであるが、雄の犬歯は強大で歯隙(しげき)が目だつ。頭蓋(とうがい)内容量は400ccと、小形類人猿のテナガザルの100ccに比し格段の開きがある。性的成熟には約10年を要し、1産1子。多雨林の樹上生活者で、めったに地上に降りることはない。地上歩行は、足の裏の外縁と手の中節背面を地面につけ、きわめて不器用である。強力な前肢を用いての腕渡り(ブラキエーション)を得意とするが、重い体重のために慎重で、動作は緩慢にみえる。毎夕、樹上に新しいベッドをつくって眠る。食性は果実食への偏りをみせ、とくにドリアンの実を好むが、木の葉、鳥の卵なども食べる。
 真猿類中唯一の、単位集団をもたない単独生活者で、とくに雄の間には強い緊張関係があって、互いに大きな距離を保って接触を避けあっており、その間を自由に行動する雌と配偶者関係を結んではまた離れるという、いたって気ままな社会をもっている。この社会を、テナガザル型のペアの雌雄を結ぶボンド(結び付き)が切れた形態であるとする説がある。子供も成長につれて母親から離れ、単独生活に入る。チンパンジーの知能が分析的であるのに対し、本種のそれは洞察的だといわれる。乱獲と森林の伐採により個体数が激減し、保護の必要が叫ばれている。[伊谷純一郎]
『J・マッキノン著、小原秀雄・小野さやか訳『オランウータンを追って――孤独な森の住人』(1977・早川書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

オラン‐ウータン
〘名〙 (orang-utan 元来はマレー語で「森の人」の意) ショウジョウ科の類人猿。スマトラ、ボルネオの森林にすむ。体長一・二~一・五メートル、体重四〇~八〇キログラム。後肢は短いが、前肢は長く、直立するとくるぶしまで届き、左右に広げると二・五メートルにもなる。毛は長く赤褐色で、肩、四肢、体側は特に長く、四〇センチメートルに達する。老齢の雄では頬の側方に突出する皮膚のひだができ、顔の幅が広くなる。動作は活発ではないが、脳の容積はヒトの約三分の一あり、知能は発達している。単独、または母子で樹上にすみ、めったに地上におりず、果実、木の葉や芽、卵なども食べる。猩猩(しょうじょう)。〔和蘭通舶(1805)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オランウータン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オランウータンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.