Rakuten infoseek

辞書

オラトリオ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オラトリオ
oratorio
宗教的,道徳的題材による,動作,背景,衣装を伴わない叙事的楽曲。独唱,合唱,管弦楽から成るが,合唱に重点が置かれる。中世の典礼劇,神秘劇に源を発し,16世紀なかばローマの教会の祈祷所 (オラトリウム) における集会で,聖フィリッポ・ネリが創始。最も初期の作品と認められるのは,E.カバリエリの『霊と肉の劇』 (1600) 。 17世紀なかば G.カリッシミの『イェフテ』その他の作品により新しい展開を示す。その後,イタリアのオラトリオはドイツとイギリスに覇権を譲り,ドイツはシュッツ,バッハ,ハイドンへと連環を形づくる。イギリスの伝統はヘンデルによって築かれ,特に彼の『メサイア』はオラトリオ史上比類のない名作として知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オラトリオ(〈イタリア〉oratorio)
《祈祷所(きとうしょ)の意》宗教的な題材をもとに、独唱・合唱・管弦楽から構成される大規模な楽曲。オペラとは異なり、演技を伴わない。ヘンデルの「メサイア」、ハイドンの「天地創造」などが有名。聖譚曲(せいたんきょく)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オラトリオ【oratorio[イタリア]】
〈祈禱所〉の意。音楽用語としては,宗教的または道徳的内容を持つ劇的な物語を独唱,合唱,管弦楽のために作曲した作品をさす。厳格な典礼音楽に対する,自由な祈りの音楽の名称として用いられたらしい。その起源は,フィリッポ・ネリによって祈禱所(オラトリオ会)での宗教的会合で使われた音楽で,これに17世紀初頭の劇音楽の様式が加わりオラトリオが生まれたと思われる。まずローマでラテン語によるオラトリオとイタリア語オラトリオが生まれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

オラトリオ【oratorio】
〔祈禱所の意〕
一般に宗教的内容をもつ長い物語を、独唱・合唱・管弦楽のために劇風に構成した作品。普通は舞台装置や衣装、演技などを伴わずに演奏する。一七世紀イタリアに発生し、一八世紀イギリス・ドイツで芸術的頂点に達した。ヘンデルの「メサイア」、ハイドンの「天地創造」などが有名。聖譚曲せいたんきよく

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

オラトリオ
おらとりお
oratorioイタリア語
「聖譚(せいたん)曲」と訳される。一般に宗教的題材に基づく壮大な叙事的楽曲で、オペラと同様に独唱、合唱、管弦楽を用いるが、初期の作品を除けば、演技や背景、衣装を伴わないのが通例である。オラトリオの全歴史を通じて合唱に重点が置かれ、物語の筋を運ぶ語り手の存在も特徴となっている。直接の起源は、16世紀後半、聖フィリッポ・ネーリ(1515―95)がローマの教会で始めたオラトリオ会(集会が開かれた祈祷室(オラトリオ)に由来する)における楽種にある。しかしオラトリオという語が一定の音楽形式を表すようになったのは、17世紀中ごろからである。この時期にはラテン語オラトリオと俗語(イタリア語)オラトリオの2タイプがあったが、しだいに後者が好まれるようになり、ラテン語のものは17世紀後期に姿を消した。17世紀中ごろの重要な作曲家はカリッシミ(1605―74)で、彼はラテン語オラトリオを確立するとともに、オラトリオの様式を完成した。イタリアではぐくまれたオラトリオは、ドイツで「受難曲」の伝統と出会い、新生面が開かれた。なかでもシュッツはドイツ語オラトリオの礎(いしずえ)を築き、その伝統は大バッハやテレマンによって18世紀に受け継がれた。イギリスではヘンデルがカリッシミの合唱オラトリオに帰って、劇的可能性を極限にまで高め、古典的オラトリオを完成した。『エジプトのイスラエル人』(1739)、『救世主(メサイア)』(1742)はとくに有名である。
 オラトリオの創作はヘンデル以後しばらく沈滞するが、18世紀にはハイドンがオーストリアに出て、ふたたび高い水準に達した。『天地創造』(1798)、『四季』(1801)は彼の二大傑作で、ヘンデルの合唱技法に器楽的要素を大いに取り入れた壮麗な作品である。19世紀のもっとも優れたオラトリオ作曲家はメンデルスゾーンで、『聖パウロ』(1836)と『エリア』(1846)の二つの傑作がある。リスト、ベルリオーズ、フランクにも優れた作品がある。
 20世紀のオラトリオには、宗教的な作品として、オネゲルの『ダビデ王』(1921)、ジャン・フランセーの『聖ヨハネの黙示録』(1942)などがある。また世俗的なオラトリオとして重要な作品は、ストラビンスキーの『オイディプス王』(1927)、プロコフィエフの『平和の守り』(1950)、ショスタコビチの『森の歌』(1949)などである。[磯部二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

オラトリオ
〘名〙 (oratorio 祈祷所の意から) キリスト教的題材をオーケストラの伴奏による独唱、合唱を用いて劇的に構成したもの。通常、演奏会形式で上演される。一六世紀半ば、イタリアの宗教音楽劇に始まり、一七世紀中頃、形式が確立。以後音楽の一形式として発達した。ヘンデルの「メサイア」、ハイドンの「天地創造」など。聖譚曲。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オラトリオ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オラトリオの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.