Rakuten infoseek

辞書

オペレーティングシステム

デジタル大辞泉

オペレーティング‐システム(operating system)
コンピューターのシステム全体を管理し、種々のアプリケーションソフトに共通する利用環境を提供する基本的なプログラムキーボードマウスディスプレープリンターなどの入出力機器と、メモリーハードディスクなどのハードウエア、およびファイルシステムの管理を行う。システムソフトウエアシステムプログラム基本ソフトOS

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

オペレーティングシステム【operating system】
コンピューターを制御・利用するために必要な、基本的なソフトウェアおよびそのプログラムワープロソフト表計算ソフト・ゲームソフトなど、さまざまなアプリケーションソフトに共通する統合的な利用環境を提供する。また、キーボードディスプレープリンターなどの周辺機器ハードディスクメモリーなどのコンピューターシステムを構成するハードウェアの制御・管理を行う。WindowsMac OSUNIXLinuxなど。◇頭文字から「OS」ともいう。また、「基本ソフト」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オペレーティングシステム【operating system】
OS(オーエス)とも呼ぶ。OSはコンピューターハードウェアと応用ソフトウェアの橋渡しを行う基本的なソフトウェアである。 コンピューターハードウェアは,応用ソフトウェアにとっては,活用すべき資源(リソース)の集りである。たとえば,メモリーやディスクは記憶のための資源,CPU(中央演算装置)は計算の実行のための資源,通信回線はほかのコンピューターを新たな資源とするための,いわば資源拡張用の資源である。OSはこれらの資源を管理し,円滑に活用できるようにすることを目的とする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

オペレーティングシステム【operating system】
コンピューターで、プログラムの実行を制御するためのソフトウエア。ジョブ管理・入出力制御・データ管理およびこれらに関連した処理を行う。基本ソフト。 OS 。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オペレーティングシステム
operating system
コンピュータの有効利用をはかるための基本プログラムで,制御プログラムと処理プログラムとからなる。 OSと略称する。制御プログラムは主としてハードウェアの管理 (割り込み,入出力,故障のチェックなど) ,タスク管理 (タスクの制御,主記憶・プログラム・時間などの管理) ,データ管理 (ファイル,入出力など) ,ジョブ管理 (ジョブ,コマンド,リソース割り付け,スケジューリングなど) を行なう。これが OSの中心であるが,広義には処理プログラムも含み,利用者のプログラムを機械語に翻訳するアセンブラコンパイラなどの翻訳プログラム,常用ルーチンなどを含むプログラミングシステムの総称。当初はデータの入出力および処理の過程をオペレータの介入なしに自動的に管理する目的で開発され,1960年代に発達したが,現在では複数のプログラムを同時並行処理できるもの,データの発生と同時に実時間処理のできるもの,タイムシェアリングシステム用のものなど各種の OSが実用化している。 OSはほとんどの場合,コンピュータのハードウェアとともにコンピュータメーカーから供給される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

オペレーティングシステム
おぺれーてぃんぐしすてむ
operating system
コンピュータによる仕事を能率よく連続的に処理し、コンピュータシステムの運用を管理するためにつくられたプログラムの集まり。略してOSともいう。プログラムの実行およびコンピュータシステムのリソース(資源)を管理することによって、システム全体の生産性を高めること、ならびにユーザー(使用者)の使いやすい機能を用意して、ユーザーの生産性もあわせて高めることを目的とする。オペレーティングシステムによって、1台の機械を何人ものユーザーで同時に使うことができる機械に変えたり、ネットワークに接続し分散システムを構成したり、インターネットを活用したりすることができる。MS-DOS(エムエスドス)、Windows(ウィンドウズ)、Mac OS(マックオーエス)、Unix(ユニックス)、Linux(リナックス)、MVS、TRON(トロン)、携帯電話向けのSymbian(シンビアン)などがある。[土居範久]
『清水謙多郎著『オペレーティングシステム』(1992・岩波書店) ▽白石洋一著『コンピュータシステム入門――アーキテクチャからオペレーティングシステムまで』(2006・共立出版) ▽河野健二著『オペレーティングシステムの仕組み』(2007・朝倉書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

オペレーティング‐システム
〘名〙 (operating system) コンピュータのハードウェア(機械部分)とアプリケーションソフトウェア(特定の作業をするためのソフトウェア)の管理をするための基本ソフトウェア。入出力や作業の管理などを行なう。OS。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オペレーティングシステム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オペレーティングシステムの関連情報

他サービスで検索

「オペレーティングシステム」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.