Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

オフリッド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オフリッド
Ohrid
北マケドニア南西部,アルバニアとの国境にあるオフリッド湖北東岸の町。古くはギリシアローマ中世にはブルガリアの勢力下にあって,スラブ人の文化・宗教都市として繁栄した。9世紀半ばブルガリア帝国の皇帝ボリス1世ミハイルキリスト教の保護を打ち出してからは,聖堂修道院が相次いで建てられた。11世紀建立の聖ソフィア聖堂,13世紀建立の聖クレメント聖堂をはじめ,その数 300に上り,イコンフレスコ画などのビザンチン美術宝庫といわれる。14世紀末オスマン帝国に制圧され,聖堂の多くがモスクに変えられたが,1912年にその支配が終わると,修復作業が始められた。歴史的な町並みとオフリッド湖を含む自然景観は 1979年世界遺産の文化・自然複合遺産に登録された。人口 3万9250(2014推計)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オフリッド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オフリッドの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.