Rakuten infoseek

辞書

オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群【オビエドれきしちくとアストゥリアスおうこくのけんぞうぶつぐん】

世界遺産詳解

オビエドれきしちくとアストゥリアスおうこくのけんぞうぶつぐん【オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群】
1985年に登録、1998年に登録内容が変更された世界遺産(文化遺産)。オビエドは、スペイン北西部のカンタブリア山脈北麓に位置するアストゥリアス自治州の州都で、スペインの中世史を彩る町の一つ。アストゥリアス州一帯は、711年にイベリア半島に侵入したイスラム勢力の支配を免れた唯一の地で、西ゴート人の貴族ペラーヨによりアストゥリアス王国が建設された。8世紀末には同国の王アルフォンソ2世がオビエドを王都に定め、レコンキスタ(キリスト教徒によるイベリア半島の国土回復運動)の拠点とすると同時に、後のロマネスク建築の先駆となる聖堂や修道院などを建設した。同市にあるサン・ミーゲル・デ・リーリョ聖堂、サンタ・マリア・デル・ナランコ聖堂、サンタ・クリスティーナ・デ・レーナ聖堂は、アストゥリアス王国時代の9世紀に建設された代表的な建築物。サンタ・クリスティーナ・デ・レーナ聖堂の内部装飾は、ビザンチン様式の特徴を持ち、外観は他と同じプレ・ロマネスク様式である。世界遺産には、まずこの3聖堂が登録され、1998年にはカマラ・サンタ・デ・オビエド、サン・フリアン・デ・ロス・プラドス教会、フォンカラダの泉が追加登録された。◇英名はMonuments of Oviedo and the Kingdom of the Asturias

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門スペースシャトル飛行記録柴田翔平岩弓枝相米慎二[各個指定]芸能部門ゴダール(Jean-Luc Godard)ジャリリ平山郁夫朝鮮映画

他サービスで検索

「オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.