Rakuten infoseek

辞書

オトコエシ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オトコエシ
Patrinia villosa
オミナエシ科の多年草。トチナ,チメクサともいう。日本,朝鮮半島,中国に広く分布し,普通,山野の日当りのよいところに生える。初めロゼット状に根出葉を出すが,花期には根出葉は枯れてしまう。茎は高さ 1mほどになり,全体に毛を密生する。葉は対生し,多くは羽状に深裂する。8~10月頃,茎の先に集散花序をつける。花冠は白色で深く5裂し,径 4mmほどになる。花柱は1本,その周囲に4本のおしべがある。花後,株もとから長い走出枝を出して新しい苗をつくる。和名は,オミナエシに似るが,より強壮であることを意味する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おとこえし【オトコエシ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オトコエシ
おとこえし / 男郎花
[学]Patrinia villosa (Thunb.) Juss.
オミナエシ科の多年草。茎は直立し、高さ0.6~1メートル、白色の毛が密にある。根元から長い走出枝を地表に伸ばし、先端に新芽をつくって増える。葉は羽状に分裂し、先端の裂片は大きく、側裂片は1、2対ある。8~10月、散房花序をなし、白色の小さな5弁花を開く。果実は倒卵形で円い翼ができる。北海道、本州、四国、九州の丘陵帯から山地帯の草原や道端に生え、朝鮮、中国に分布する。名は、オミナエシに対し、全体の感じが強壮であるので男性に見立てたもの。[高橋秀男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オトコエシ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オトコエシの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.