Rakuten infoseek

辞書

オデュッセウス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オデュッセウス
Odysseus
ホメロスの叙事詩『オデュッセイア』の主人公として名高いギリシア神話英雄。イタカ王ラエルテスの子だが,実は母のアンチクレイアがラエルテスの妻になる前に彼女を犯した,知恵者として名高いシシュフォスが実の父であったともいわれる。父の跡を継いで王となり,ペネロペイアと結婚して息子テレマコスをもうけたが,その直後にスパルタ王メネラオスの妃ヘレネがトロイの王子パリスに誘拐され,トロイ戦争が企てられることになった。オデュッセウスは,最初狂気を装って出征を免れようとしたが失敗し,遠征への参加を余儀なくされると,総大アガメムノンとメネラオスの最も忠実で有能な参謀となり,アテナ女神の変わらない庇護を受けながら縦横の機略を発揮し,ギリシア方の勝利に最大の貢献をした。この勝利ののち,10年間にわたる艱難辛苦の末に,ようやく故国に帰り着き,イタカの王の地位を取り戻すまでの冒険譚が『オデュッセイア』である。帰国の途中オデュッセウスは,アイアイア島で太陽神の娘の魔女キルケを降参させ,彼女の愛人となって1月または1年間この島に滞在したが,その結果キルケから生まれた息子がテレゴノスで,彼は最後には,父と会う目的でイタカにやってきたこの息子と,互いにそれと知らずに戦い,その手にかかって殺されたといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オデュッセウス(Odysseus)
ギリシャ神話の英雄。イタカ島の王で、ペネロペの夫。「オデュッセイア」の主人公。トロイア戦争で知勇兼備の名将として活躍、木馬奇計によりギリシャ軍を勝利に導いた。ユリシーズ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オデュッセウス【Odysseus】
ギリシア伝説中の英雄。ホメロスの二大長編叙事詩のうち《イーリアス》にはトロイア戦争中の活躍ぶりが,《オデュッセイア》にはその帰国物語が語られている。ラテン名はウリクセスUlixes,そこからきたユリシーズUlyssesという英語名でもよく知られる。ギリシア西岸沖の小島イタケーの王。父はラエルテスLaertēs。妻ペネロペPēnelopē(スパルタ王メネラオスの后ヘレネの従姉妹)との間に一子テレマコスTēlemachosが生まれたとき,ヘレネがトロイアの王子パリスに誘拐されてトロイア戦争が起こったため,彼は親友のメントルに後事を託し,手勢を率いて遠征に参加した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

オデュッセウス【Odysseus】
「オデュッセイア」の主人公。イタカ王。ペネロペの夫でテレマコスの父。トロイ戦争で活躍したギリシャ神話の英雄。有名なトロイアの木馬を発案し、トロイアの陥落を導いた。ユリシーズ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

オデュッセウス
おでゅっせうす
Odysseus
ギリシア神話の英雄。ホメロスの『オデュッセイア』の主人公。イオニア海の小島イタケで、王ラエルテスとアンティクレイアの間に生まれた。彼は成人してイタケの王となったとき、美女ヘレネに求婚したが、彼女はメネラオスを選んだために、イカリオスの娘ペネロペイアを妻とし、2人の間に息子テレマコスをもうけた。のちにヘレネがトロヤ人パリスにさらわれたとき、オデュッセウスは狂気を装ってヘレネを取り戻す援助を拒んだ。しかし結局その偽りは見破られて、オデュッセウスはトロヤ遠征に参加した。トロヤ戦争では従軍すれば死を免れないと知ってスキュロス島に隠れていたアキレウスを知略により探し出し、従軍を懇請した。アキレウスは預言どおり戦死する。そして、最高の勇者に与えられるという残された武具をめぐり、オデュッセウスは大アイアスと争い、勝利を得た。
 トロヤ戦争終了後、彼は海神ポセイドンの怒りに触れて長く海上をさまよったが、ついにイタケに帰って妻ペネロペイアへの求婚者たちを滅ぼし、またポセイドンをなだめるために神殿を建てた。そののち、魔女キルケとの間に生まれた息子テレゴノスが父に会うためイタケにきたとき、オデュッセウスはそれと知らずに戦い、息子に殺された。
 ホメロスの物語では、オデュッセウスは知性と忍耐力の持ち主として描かれているが、ギリシア悲劇では、冷酷、狡猾(こうかつ)な人物として扱われている。[小川正広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

オデュッセウス
(Odysseus) ギリシア神話の英雄。イタカ王。トロイ戦争で、木馬の腹中に兵をひそませる奇計を用いるなど、沈着果敢な知謀の将としてギリシア軍を勝利に導く。ユリシーズ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オデュッセウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オデュッセウスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.