Rakuten infoseek

辞書

オズワルド・セオドール アベリー

20世紀西洋人名事典

オズワルド・セオドール アベリー
Oswald Theodore Avery


1877.8.21 - 1955
米国の細菌学者。
元・アメリカ合衆国科学アカデミー会員,元・ロンドン王立協会会員。
ハアリファックス(カナダ)生まれ。
1913年ロックフェラー研究所に勤め、肺炎双球菌の研究を行う。最大の業績は細菌の形質転換物質を分離する試みを行い、’43年DNAであることを発表し、これが遺伝形質を伝える物質であることを明らかにした点である。そのほかにもこの研究から、細菌の病原性ときょう膜の存在の関係なども発見している。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オズワルド・セオドール アベリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オズワルド・セオドール アベリーの関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門新藤兼人斎藤寅次郎コーマン[各個指定]芸能部門マキノ雅広野村芳太郎久松静児森一生中小企業

他サービスで検索

「オズワルド・セオドール アベリー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.