Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

オシリス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オシリス
Osiris
エジプト神話の幽界の王。エジプトの「よき存在」として善政を行い,慈愛により地方を支配した。神々を礼拝することと農耕の正しい法を教えた。ヌトゲブの子。弟セトに殺され,その死体はシリアビブロスにまで流されたが,妻で妹のイシスが発見してエジプトに持帰った。セトはさらにこれを奪って死体を寸断しエジプト全土にまいたが,イシスはこれを拾って復活させ,子ホルスが父のを討ち,オシリスはそののち幽界の王となった。元来,シリア起源穀物神で収穫時に死に,穀物の胚芽とともに再生すると考えられた。はじめ,ナイルデルタのブシリスで,のちに南方へも広まり土着の死神と結合して全土で信仰された。『死者の書』は,オシリスの裁きの間での最後の審判を経て西方の天国に到達するための案内書。ギリシア人は,ディオニュソスハデスと同一視した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オシリス(Osiris)
古代エジプトの冥府の神。大地の神ゲブと天の神ヌートの子。女神イシスと結婚する。弟セトに殺されるが、イシスの秘術で復活し、冥府の神となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オシリス【Osiris】
古代エジプトの神。死と復活の神,冥界の支配者。起源は春ごとに復活する植物(とくに穀物)の霊の神格化されたものとみられ,ナイルの増水の神ともされたが,王権理念と結びついたオシリス神話の形成によって,エジプト人の来世信仰の中核に発展し,太陽信仰と並ぶエジプト宗教の基本要素となる。神話の内容はのちギリシア人プルタルコスの《イシスとオシリスについて》にまとめられている。オシリスは大地の神ゲブと天の女神ヌートの子で,エジプト王として善政をしくが,弟である邪神セトにねたまれて殺され,ばらばらにされて投げ捨てられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オシリス
おしりす
Osiris

古代エジプトで死者の神として広く崇拝された男神。オシリスというのはギリシア読みで、古代エジプト読みではおそらくウシュ=イル、あるいはウシルとなる。「オシリス神話」は、西暦1世紀ごろのギリシアの著述家プルタルコスの『イシスとオシリスについて』に詳述されているが、それによると、オシリスとイシスが兄妹結婚をしたのち、弟セト(ギリシア名ティフォン)はオシリスの支配に対して反逆を企て、ことば巧みに兄オシリスを柩(ひつぎ)に入れてナイル川に投げ込んだ。この柩はやがて東地中海岸のビブロスまで流れ着き、イチジクの木に包み込まれた。一方、このできごとを悲しんだイシスは柩を求めてさまようが、ビブロス王の宮殿の柱となっていた木のなかに柩があるのをみいだし、これをエジプトへ持ち帰る。そしてセトによってさらにばらばらにされた遺体の各部分を探し出し、オシリスを再生させた。またイシスとオシリスの子ホルスはのちにセトと戦ってこれを打ち破ったが、セトの命をイシスが許したため、ホルスはイシスと争ったとされている。他方『死者の書』では、オシリスは冥界(めいかい)の王として犬神たちとともに死者の魂を秤(はかり)にかけて量る、死者を裁く者として示されている。オシリスは本来人間にいろいろな制度をもたらしたよき神であり、また自然神としては季節ごとに復活する永遠の生命を表した。したがって永遠の生命を信じていた古代のエジプト人たちは、死者はすべてオシリスに化すと考えていた。

[矢島文夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

オシリス
(Osiris) エジプト神話の神。大地神ゲブと天空神ヌートの子。イシスの夫で、ホルスの父。弟セトに殺害されたが、イシスの秘術で復活し、冥府の神となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

オシリス
Osiris
古代エジプト神話における冥府 (めいふ) の王で死者の審判者
天神と地神の間に生まれ,エジプトの統治者となったが,弟セトに殺された。妻イシスはまきちらされた遺体を集めて魔術によって復活させ,冥界の王とした。エジプトの復活思想の象徴で,死後の審判の神。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オシリス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オシリスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.