Rakuten infoseek

辞書

オシエク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オシエク
Osijek
クロアチア北東部の都市。セルビアボイボディナ自治州との境に近く,ドナウ川の支流ドラバ川 (ドラウ川 ) の右岸に位置する。製粉製糖,果物,リキュールなどの食品工業のほか,繊維 (木綿) ,木材加工,皮革,電機,農機などの諸工業が発達。セルビアの首都ベオグラード,クロアチアの首都ザグレブ,そしてハンガリー国内を結ぶ鉄道の要地で,河港をもち,周辺の肥沃な農業地帯の農産物の集散地でもある。川上の旧市街には要塞があり,川下の新市街は住宅地。市内にはセルビア正教とカトリック聖堂がある。人口9万 1046 (2001推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

オシエク
おしえく
Osijek
クロアチア共和国東部、スラボニア地方の中心都市。人口11万4616(2001)。ドラバ川河畔に位置しており、ローマ時代にはムルシアMursiaとよばれる要塞(ようさい)都市であった。1526年から1687年にはトルコに支配された。製革、紡績、精糖、マッチ製造などの工場があり、絹織物、ガラス工芸品、帽子、スモモのブランデーなどを産する。教育、文化の中心地でもあり、総合大学がある。[漆原和子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オシエク(Osijek)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オシエク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オシエクの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.