Rakuten infoseek

辞書

オサン式(鉱物化学)

法則の辞典

オサン式【Osann's formula】
岩石の化学成分中の重要な成分として,SiO2,TiO2,Al2O3,FeO (+Fe2O3),MgO,CaO,Na2O,K2O などの各分子比(モル比)を算出して合計を100となるように換算してから,次のような値を求める

S=SiO2+(TiO2+ZrO2+P2O5

A=Na2O+K2O

C=Al2O3A

F=FeO+MgO+CaO-C

これらの9種の値をもって岩石の化学的性質を代表させたものをオサン式という.この中で a は酸性斜長石またはカリ長石の量に相当し,c は灰長石の量,f は有色鉱物の量にほぼ相当する尺度となる.k が1より大ならば遊離ケイ酸分の存在が示される.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オサン式(鉱物化学)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オサン式(鉱物化学)の関連情報

他サービスで検索

「オサン式(鉱物化学)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.