Rakuten infoseek

辞書

オキソ酸【オキソさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オキソ酸
オキソさん
oxygen acid; oxyacid
酸素酸,オキシ酸ともいう。酸素を含む無機酸で,中心原子に結合する原子がすべて素であり,酸素の一部または全部に水素がついて水酸基となり,水溶液中でこの水素が解離して酸の性質を与える。硫酸硝酸リン酸など無機の重要な酸はほとんど酸素酸であり,塩酸,フッ化水素酸のような水素酸に対比される。酸性酸化物と水との反応によってつくられる。塩素のように種々の原子価をもち,各種の酸素酸をつくるときは,最も一般的な原子価のものを標準にとり,中心原子の元素名をつけて塩素酸,リン酸のように命名する。標準の酸より大きい酸化数の酸は,たとえば過塩素酸のように呼ぶ。酸化数の低いときは低い順に次,次亜接頭語をつけて呼ぶことがある。同じ酸化数であっても,水和度が最大のものをオルト酸,最小のものをメタ酸と呼ぶ。酸素酸中の --O-- を --O--O-- で置換したものをペルオキソ酸という (ペルオキソ硝酸 HNO4 など) 。オルト酸2分子から水1分子を除いた組成の酸には,ピロという接頭語をつけて呼ぶことがある (ピロ硫酸 H2S2O7 ,ピロリン酸 H4P2O7 など) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

オキソ酸
 ケト酸ともいい,分子内にカルボキシル基とカルボニル基両方をもっている化合物2-オキソグルタル酸(α-ケトグルタル酸),2-オキソプロピオン酸(ピルビン酸)など,代謝上重要な化合物がある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オキソさん【オキソ酸 oxo‐acid】
酸素を含む無機酸,すなわち酸素以外の非金属または金属原子に酸素(酸素原子の位子名をオキソという)が配位した陰性成分を有する酸をいう。古くオキシ酸oxy‐acidあるいは酸素酸などといった。水素酸に対する語。またオキソのかわりにヒドロキソOHの配位した成分を有する酸,すなわちヒドロキソ酸hydroxo‐acidもオキソ酸の中に含めることもある。たとえばH[Sb(OH)6]などがそうである。通常,酸性酸化物と水とが反応して得られた形式をもっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

オキソさん【オキソ酸】
イオンとして解離しうる水素が酸素原子に結合している酸。硫酸・リン酸など、酸の多くはオキソ酸である。オキシ酸。オクソ酸。酸素酸。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

オキソ酸
おきそさん
oxoacid
酸素酸ともいい、有機化学ではヒドロキシカルボン酸のことをいうこともある。形式上、酸化物と水とが結合した組成をもち、中心原子Xの周りにOHあるいはOが配位した構造[XOm-n(OH)n]をもち、一般式HnXOmをとる。たとえば硝酸と硫酸は形式的に次の反応で生ずるといえる。

硝酸の構造は窒素原子を中心とする三角形の頂点に3個の酸素原子があり、酸素原子のうちの1個に水素原子が結合した形である。硫酸は、硫黄(いおう)原子を中心にした四面体の頂点に4個の酸素原子があり、そのうちの2個に水素原子が結合した構造と考えられている。
 中心原子の酸化数によって組成と名称は異なる。塩素のオキソ酸を例にとると以下のようになる。
[岩本振武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

オキソ酸
オキソサン
oxoacid, oxo acid

】無機化合物(oxoacid):酸素酸(oxygen acid),オキシ酸(oxyacid)ともいう.中心原子XにOが結合し,そのO原子の全部または一部にH原子が結合した化合物XOn(OH)mで,そのH原子はプロトン酸として H に解離し,オキソアニオンを生じる.Xは普通は非金属元素である.ある酸で解離しうるH原子が多数ある場合は,一般に第一のH原子の解離度に比べ,第二,第三のH原子の解離度はずっと小さくなる.また,数分子の同じオキソ酸が縮合してイソポリ酸を形成したり,数種類のオキソ酸が縮合してヘテロポリ酸を形成することもある.同じ中心原子Xを含むものでも,一般に多種類のオキソ酸が存在する.この場合,Xがもっとも普通の酸化数のものに,Xの元素名に酸を付けた名称をつける.たとえば,臭素酸HBrO3.ただし,Sの硫酸,Asのヒ酸,Nの硝酸などは例外である.以前はXの酸化数が,もっとも普通の酸化数より大きいときは過,小さいときは順次,亜,次亜などを付け,さらに必要な場合にオルト,メタ,ポリ酸ではピロなどを付けて区別した.それらの命名は現在もいくつかは残っている.しかし,すべての酸に適用してこの種の新名称を増やしていくのは得策ではないため,IUPAC命名法では,すべての酸に共通する水素命名法,酸命名法が提唱され,これらの接頭語は限られたものだけに使用を許すとしている.たとえば,亜硫酸H2SO3は許容された名称であるが,水素命名法では,トリオキソ硫酸(2-)二水素,酸命名法では,トリオキソ硫(Ⅳ)酸という.【】有機化合物(oxo acid):カルボン酸の骨格炭素鎖のC原子にO原子を置換導入したもの.つまり,カルボキシル基以外に,カルボニル基も有するアルデヒド酸やケト酸のことをいう.たとえば,

OHC-CH2CH2COOH,CH3-CO-CH2COOH

などである.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オキソ‐さん【オキソ酸】
oxoacid》「酸素酸(さんそさん)」に同じ。オキシ酸。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オキソ酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オキソ酸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.