Rakuten infoseek

辞書

オキシム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オキシム
oxime
アルデヒドまたはケトンヒドロキシルアミンと反応して生成する化合物。アルデヒドから生成するものをアルドキシム,ケトンから生成するものをケトキシムと呼ぶ。オキシムは一般に結晶しやすく,水に難溶 (ホルムアルドキシムだけは液体で,水に可溶) であるため,アルデヒドやケトンの確認に利用される。また,塩酸硫酸と暖めると,たやすく加水分解されて,もとのアルデヒドやケトンを再生するので,これらの分離・精製に利用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

オキシム
 アルデヒドやケトンなどがヒドロキシルアミンと縮合して生成する化合物.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オキシム【oxime】
アルデヒドRCHOあるいはケトンRCOR′がヒドロキシルアミンH2NOHと脱水縮合することによって生成する化合物の総称。アルデヒドから生成するRCH=NOHをアルドキシムaldoxime,ケトンから生成するRR′C=NOHをケトキシムketoximeとよぶ。オキシムは,一般に難溶性の結晶性物質なので,アルデヒドやケトンの分離,確認に用いられる。炭素‐窒素二重結合をもっているので,非対称ケトン(R≠R′)やアルデヒドから生成するオキシムには二つの幾何異性体が存在する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オキシム
おきしむ
oxime
アルデヒド、ケトンがヒドロキシルアミンNH2OHと縮合して生成する化合物。アルデヒドから生成するアルドキシムと、ケトンから生成するケトキシムに分類される。
 縮合反応は穏やかな条件でおこり、生成するオキシムは一般に結晶化しやすく、水に難溶であるため、カルボニル化合物の分離、確認に利用される。無機酸と温めると容易にヒドロキシルアミンと元のカルボニル化合物に加水分解される。還元によってアミンを生成する。
 アルドキシムにはシン‐アンチ幾何異性が存在する。脂肪族アルデヒドのオキシムでは通常シン形だけが単離されるが、芳香族アルデヒドからは両者が別々に得られる。たとえばベンズアルドキシムC6H5CH=NOHでは融点35℃のシン形と融点131~132℃のアンチ形が得られている。アルドキシムを無水酢酸と温めると、アンチ形のほうがシン形よりも容易に脱水されてニトリルとなる。
 ケトキシムでも非対称なケトンから生成するオキシムでは幾何異性が存在する。たとえばp(パラ)‐メトキシベンゾフェノンからは、フェニル基とヒドロキシ基がアンチのものとシンのものとが得られる。
 ケトキシムに五塩化リン、硫酸などを作用させると酸アミド誘導体に変化する(ベックマン転位)が、この場合ヒドロキシ基に対してアンチの位置にある基が炭素から窒素へ転位することが知られている。p‐メトキシベンゾフェノンの例では、高融点のオキシムからはアニスアニリドp-CH3OC6H4CONHC6H5が、低融点のオキシムからはベンズp‐アニシジドC6H5CONHC6H4OCH3-pが生成する。[山本 学]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

オキシム
オキシム
oxime

アルデヒドあるいはケトンヒドロキシルアミンと縮合して生成する化合物で,アルデヒドから生成するRCH=NOHをアルドキシム,ケトンから生成するRR′C=NOHをケトキシムという.一般に,難溶性の結晶性化合物で,アルデヒドやケトンの分離,確認に用いられる.加水分解により容易にカルボニル化合物とヒドロキシルアミンとなり,還元すれば第一級アミンになる.アルドキシムや混成ケトンのオキシムには,syn-(シン)形およびanti-(アンチ)形の立体異性が考えられ,芳香族アルデヒドのオキシムでは明らかにこの2形が存在するが,脂肪族のオキシムでは多くの場合,syn-形しか知られていない.アルドキシムは,無水酢酸,そのほかの脱水剤によって容易にニトリルRCNを与えるが,ケトキシムはベックマン転位によってアミドに変化する.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オキシム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オキシムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.