Rakuten infoseek

辞書

オカピ野生生物保護区【オカピヤセイセイブツホゴク】

デジタル大辞泉

オカピ‐やせいせいぶつほごく【オカピ野生生物保護区】
コンゴ民主共和国北東部、エプル川沿岸の森林地帯にある野生生物保護区。珍獣といわれるオカピの生息地で、1996年に世界遺産(自然遺産)に登録されたが、森林破壊や密猟などを理由に、1997年、危機遺産リストに登録された。→オカピ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解

オカピやせいせいぶつほごく【オカピ野生生物保護区】
1996年に登録された世界遺産(自然遺産)。コンゴ民主共和国北東部、スーダンやウガンダとの国境に近いエプル川沿いの森林地帯にある野生生物保護区である。アフリカマホガニーなど7000種もの樹木が生い茂る森林はイトゥリの森と呼ばれている。ここは、保護区名のとおり、オカピの主要な生息域になっている。オカピは20世紀に入って発見された動物で、ジャイアントパンダ、コビトカバとともに世界三大珍獣の一つに数えられている。オカピはその外観から、当初シマウマの仲間と考えられていたが、後にキリンの仲間であることが判明している。この森にはオカピのほか、森林ゾウやシミアン(真猿亜目に属するサル)、アフリカゴールデンキャットなどの稀少動物や絶滅危惧種のほか、300種以上の鳥類が生息している。残念ながら、この保護区も他のコンゴ国内の世界遺産に登録された国立公園と同様、1997年に危機遺産リストに登録されている。その主たる理由は森林破壊、密猟、金の採掘や難民流入による環境悪化である。また、コンゴ内戦で戦闘がこの地域にまで及び、保護区の管理スタッフが撤退してしまったことも、自然環境の悪化に拍車をかけた。このため、同国政府により密猟禁止や保護区内での鉱石採掘禁止などを徹底するための、さまざまな対策が講じられている。◇英名はOkapi Wildlife Reserve

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オカピ野生生物保護区」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オカピ野生生物保護区の関連情報

他サービスで検索

「オカピ野生生物保護区」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.