Rakuten infoseek

辞書

オオムギ(大麦)【オオムギ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オオムギ(大麦)
オオムギ
Hordeum vulgare; barley
イネ科の越年草。原産地は中国大陸南西部といわれ,中国では数千年の栽培の歴史がある。大きな株になり,はよく分蘗 (ぶんけつ) して叢生する。高さ 1mぐらい。葉はコムギより幅が広く,緑白色でコムギのように先が垂れない。4~5月にを出し,小穂は長さ5~10cmの花穂の軸上に3個ずつ並んで密につき,上から見ると6列または4列になる。前者六条オオムギ H. vulgare var. hexastichon,後者を四条オオムギ H. vulgare var. vulgareという。日本でも栽培の歴史は古く品種が多いが,関西以西では六条オオムギ系が多い。四条オオムギ系は外国でおもに栽培され,日本では東北や北陸に限られる。穎果が成熟すると内穎から容易に分離するものがあり,ハダカムギと呼ばれる。押麦として米飯に混ぜるほか,発芽させた麦芽 (モルト) をビール,飴類の糖化剤,味噌などに用いる。茎は麦わらでストローや帽子などに使う。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オオムギ【オオムギ(大麦) barley】
イネ科の越年草で,生産量がコムギ,イネ,トウモロコシに次ぐ世界第4位の穀物である。六条オオムギHordeum vulgare L.と二条オオムギH.distichum L.に大別される。
形状
 茎は中空で直立し,高さ約1mになる。茎葉はコムギによく似ているが,葉はやや短くて堅い。4~5月ごろ,茎頂から穂を出す。穂の各節に三つずつ並んで小穂がつき(イラスト),それらが互生するので,穂には粒がに6列に並ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

オオムギ(大麦)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オオムギ(大麦)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.