Rakuten infoseek

辞書

オイラー‐ポアンカレの式

法則の辞典

オイラー‐ポアンカレの式【Euler-Poincare's formula】
一般の面が多角形によって分割されているとき,F を多角形の面の数,E を多角形の辺の数,V を頂点の数としたときに成立する次の式をいう.

FEV=χ

ここで χ は面の大局的な性質を表現する数で,球面なら2,平面なら1,トーラスならば0となる.

凸多面体は球と位相的に同形であるから,オイラーの多面体定理*と同じになる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オイラー‐ポアンカレの式」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オイラー‐ポアンカレの式の関連情報

他サービスで検索

「オイラー‐ポアンカレの式」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.