Rakuten infoseek

辞書

オアハカ歴史地区とモンテ-アルバンの古代遺跡【オアハカれきしちくとモンテアルバンのこだいいせき】

世界遺産詳解

オアハカれきしちくとモンテアルバンのこだいいせき【オアハカ歴史地区とモンテ-アルバンの古代遺跡】
1987年に登録された世界遺産(文化遺産)で、メキシコ南部にある歴史地区と古代都市遺跡を指す。オアハカは、メキシコ・シティ南東の高原にある歴史地区で、正式名はオアハカデファレス。1486年にアステカ帝国の要塞となり、1521年にスペイン軍に征服された。その後、メキシコ・シティに倣った植民都市の建設が始まり、碁盤目状に道路が配された、瀟洒(しょうしゃ)なコロニアル・シティができあがった。町にはスペイン統治時代の16~18世紀の美しい町並み、メキシコ特有のバロック様式の至宝で、内部の装飾が黄金に輝くサント・ドミンゴ聖堂、大聖堂、修道院などの建物が残っている。オアハカの西10kmの丘陵にあるモンテ・アルバンは、紀元前500年頃にサポテカ族が築いた宗教都市。スペイン人によって「白い山」(モンテ・アルバン)と名づけられたのが名称の由来で、中央広場を中心に、100~800年のピラミッド型の神殿、宮殿、天文台、球戯場などの遺跡が残っている。これらの魅力が評価され、世界遺産に登録された。◇英名はHistoric Centre of Oaxaca and Archaeological Site of Monte Albán

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オアハカ歴史地区とモンテ-アルバンの古代遺跡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オアハカ歴史地区とモンテ-アルバンの古代遺跡の関連情報

関連キーワード

国営企業等労働組合協議会島田修二アルモドバル井上光晴ウォーホル国鉄労働組合ゴダール(Jean-Luc Godard)竹下登内閣フィジー三浦朱門

他サービスで検索

「オアハカ歴史地区とモンテ-アルバンの古代遺跡」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.