Rakuten infoseek

辞書

エールリッヒ仮説

法則の辞典

エールリッヒ仮説【Ehrlich postulate】
別名を「側鎖説」ともいう.細胞は毒素の抗原決定基(トキソフォア)と結合する表面部位や側鎖(ハプトフォア)をもっていて,細胞が刺激を受けるとこのハプトフォア部分が循環系へ供与されて免疫抗体になるというもの.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エールリッヒ仮説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エールリッヒ仮説の関連情報

他サービスで検索

「エールリッヒ仮説」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.