Rakuten infoseek

辞書

エーカー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エーカー
acre
ヤード・ポンド法面積単位。1エーカーは 4046.9m2。 13世紀のイギリスで,雄牛で1日に耕す面積を基準として,長さ1ファーロング (220ヤード。単位ファーロングはうねの長さの意) ,幅 1/10 ファーロングの畑の広さを1エーカーと定めた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エーカー(acre)
ヤードポンド法の土地面積の単位。1エーカーは4840平方ヤードで、約4047平方メートル。記号ac.

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エーカー【acre】
ヤード・ポンド法における面積の単位。古くは牛2頭引きのすきを用いて1日で耕せる面積とされ,その広さは土地によって異なっていたが,1277年イギリスのエドワード1世により4ポール×40ポールの土地またはそれと同じ広さの土地の面積と定められ,法定エーカーstatute acreと呼ばれた。これは4840平方ヤードに等しく,およそ0.4ha(4047m2)である。定義に使われているポールpoleという単位はロッドrodあるいはパーチperchともいい,51/2ヤードに等しく,畝が平均8本作れる幅である。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

エーカー【acre】
ヤード-ポンド法の面積の単位。10平方チェーンすなわち4840平方ヤード。約40.469アール。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典

エーカー【acre】
ヤード-ポンド法の面積の単位。記号は「ac」。1acは4840平方ヤード、約4047m2。◇ウシ2頭に引かれた(すき)で1日に耕せる耕地の面積に基づく。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

エーカー
えーかー
acre
ヤード・ポンド法の土地の面積単位。4840平方ヤードで、40.468アール、日本の約4反にあたる。ラテン語の「くびき」を意味するagerを語源とする。ウシ1頭が半日で耕す面積、あるいは1日で耕す面積に始まったといわれる。国や地域により大きさが一定しなかったが、イギリス国王エドワード1世(在位1272~1307)のとき現在の値に統一されたという。[小泉袈裟勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エーカー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エーカーの関連情報

他サービスで検索

「エーカー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.