Rakuten infoseek

辞書

エンメルトの法則【エンメルトのほうそく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エンメルトの法則
エンメルトのほうそく
Emmert's law
残像 (陰性残像) の大きさは眼からその残像の投射された面までの距離に比例して変化する。この残像の大きさとその投射面までの距離との間に成り立つ比例関係をエンメルトの法則という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

エンメルトの法則【Emmert's law】
残像はそれを投影する面までの距離に比例して大きくなる(地平線上の月が大きく見えるのも,この特殊な場合だといわれている).

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんめるとのほうそく【エンメルトの法則】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

エンメルト‐の‐ほうそく ‥ハフソク【エンメルトの法則】
〘名〙 残像は目と残像を投影する面との距離に比例して拡大または縮小するという法則。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エンメルトの法則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エンメルトの法則の関連情報

他サービスで検索

「エンメルトの法則」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.