Rakuten infoseek

辞書

エンバク(燕麦)【エンバク】

世界大百科事典 第2版

エンバク【エンバク(燕麦) oat】
イネ科の一年草または越年草(イラスト)。オートムギ,カラスムギとも呼ばれるが,カラスムギは近縁の野生種A.fatuaを指す名である。茎は高さ60~160cmになり,葉は線形で,幅1~1.5cm。コムギよりやや幅が広い。茎葉は灰緑色を帯びる。花序は茎頂より出て全長15~30cm,各節から出る細い穂枝の先にそれぞれ数個の小穂をつける。小穂はツバメの羽形の護頴(ごえい)に包まれ,2~3の小花がある(イラスト)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

エンバク(燕麦)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エンバク(燕麦)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.