Rakuten infoseek

辞書

エンジェル【えんじぇる】

デジタル大辞泉

エンジェル(angel)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典

エンジェル
創業前、もしくは創業間も無いベンチャー企業に資金を提供する個人投資家。資金提供先のベンチャー企業の株式を取得してキャピタルゲインを狙います。また、エンジェルの多くは起業家で、資金を提供すると同時にベンチャー経営者のサポート(コンサルティング・取引先紹介等)も積極的に行なうケースが多い。

出典:株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント

会計用語キーワード辞典

エンジェル
企業の創業の極めて初期段階で対象ベンチャー企業に投資し、テイクオフ離陸)を支援する人のことをさします。原則としては個人です。ベンチャー企業が他に資金調達手段のない中での貴重な資金供給者なのでこう呼ばれています。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

M&A用語集

エンジェル
企業の創業の極めて初期段階で対象ベンチャー企業に投資し、テイクオフ (離陸) を支援する人。原則として個人。ベンチャー企業が他に資金調達手段のない中での資金供給者なので、こう呼ばれるが、時としてベンチャー企業の成長過程で経営者に対して株主の権限をたてに難題をつきつけることがあり、この現象を「エンジェルがデビルに変わる」という。

出典:株式会社ストライク
Copyright(c) Strike Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

エンジェル
アメリカのハードロック・バンド、エアロスミスの曲。アルバム「パーマネント・ヴァケイション」(1987年)からのシングル。全米第3位を獲得。1970年代の活躍後の低迷期を経て、プロデューサーにブルース・フェアバーンを迎えて制作した楽曲。原題《Angel》。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エンジェル
アメリカ制作のテレビドラマ。原題は《Angel》。放映はFOX局(1999~2004年)。1997~2003年のテレビドラマ『バフィー 恋する十字架』のスピンオフ作品。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エンジェル
《Angel》フランスのファッションブランド、ティエリー・ミュグレのフレグランス。1992年発表。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エンジェル
アメリカの出版社マーベルコミックが刊行する漫画「X-MEN」シリーズに登場するスーパーヒーロー。翼を持ち飛行可能なミュータント。X-MENの初期メンバー、ファーストファイブのひとり。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

エンジェル【angel】
エンゼル
創業後間もない企業家に資金提供や経営指導などの支援を行う個人投資家のこと。 〔アメリカで、ミュージカルの制作に当たり資金提供を行う個人(スポンサー)が、エンジェルとよばれたことから〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エンジェル
Angell, James Burrill
[生]1829.1.7. シチュエト
[没]1916.4.1. アナーバー
アメリカの教育家外交官。 1849年ブラウン大学卒業,53~60年同大学現代語学,文学教授。 66~71年バーモント大学学長。 71年ミシガン大学学長に就任,以後 1909年に退任するまで 38年間その地位にあり,その間にミシガン大学の学術的水準を抜群の域に高めた。 80~81年中国大使,97~98年トルコ大使をつとめた。ミシガン大学学長としての功績,外交官としての実際の活躍および国際法に関する研究業績とによって,当代随一の教育家の一人と目された。多数の雑誌論文のほか,主著に『国際法の発展』 Progress in International Law (1875) ,『回顧録』 Reminiscences (1912) ,『演説集』 Selected Addresses (12) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エンジェル
Angell, James Rowland
[生]1869.5.8. バーモント,バーリントン
[没]1949.3.4. コネティカット,ハムデン
アメリカの心理学者。シカゴ大学教授,エール大学総長。 J.デューイ,W.ジェームズに師事,機能心理学 (シカゴ学派) の指導者。その学問的影響はきわめて大きく,大学行政面でも貢献。主著『現代心理学からの諸章』 Chapters from Modern Psychology (1911) ,『心理学序説』 Introduction to Psychology (18) ,"Psychology or itroductory study of the structure and function of human consciousness" (1904) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エンジェル
Angell, Sir Norman
[生]1874.12.26. リンカーンシャー,ホルビーチ
[没]1967.10.7. サリー,クロイドン
イギリスの経済学者,平和運動家。ジャーナリストとして出発し,1928~31年『フォーリン・アフェアーズ』誌の編集長。 28年王立国際問題研究所員。 31年ナイトの称号を授けられ,33年ノーベル平和賞受賞。『大いなる幻想』 The Great Illusion (1910) など著書多数がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

エンジェル
生年月日:1869年5月8日
アメリカの心理学者
1949年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エンジェル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エンジェルの関連情報

他サービスで検索

「エンジェル」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.