Rakuten infoseek

辞書

エンジェル滝【エンジェルたき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エンジェル滝
エンジェルたき
Angel Falls
スペイン語ではアンヘル滝 Salto Angel。ベネズエラ南東部,ボリバル州中部にある。州都シウダードボリバル南南東約 250km,カロニ川支流チュルン川にかかり,ギアナ高地中部のアウヤンテプイ高原縁からほぼ垂直に落下。1段の滝としては世界最大の落差といわれ,その落差 979m。脚部の幅約 150m。名称は 1935年この滝を発見したアメリカ人探検家ジェームズ・エンジェルにちなむ。周辺は密林地帯であるため,空中から最もよく見え,首都カラカスやシウダードボリバルから飛行機見物に来る観光客が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

エンジェル滝
えんじぇるたき
Angel Fall
南アメリカ、ベネズエラ東部、カロニ川支流にある世界最大の落差をもつ滝。スペイン語読みでアンヘル滝ともよばれる。高さ972メートル。プレカンブリア時代の水平な砂岩、珪岩(けいがん)の硬層からなる台地(現地ではテプイとよばれ、ギアナ高地に特有な地形)の縁辺部から数条に分かれて落下している。1935年アメリカのパイロット、ジェームズ・エンジェルに発見されたのにちなみ、その名がつけられた。この滝のあるカナイマ国立公園は1994年に世界遺産の自然遺産として登録されている(世界自然遺産)。[松本栄次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エンジェル滝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エンジェル滝の関連情報

関連キーワード

ムーンサルトアンヘル滝エルサポの滝サポの滝セッテ・ケーダス滝ムーンサルトマレルバ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.