Rakuten infoseek

辞書

エレファンタ石窟群【エレファンタせっくつぐん】

世界遺産詳解

エレファンタせっくつぐん【エレファンタ石窟群】
1987年に登録された世界遺産(文化遺産)で、インド西部のムンバイ湾沖に浮かぶ小島エレファンタ島にある。島にある高さ約200mの岩山の頂上付近に、6~8世紀に造られたとされる合計7窟のヒンドゥー教の石窟寺院があり、なかでも第1窟が圧巻。特に奥の壁中央に彫られた「三面のシヴァ神の胸像」は、高さ約5mの巨大な浮き彫りで、ヒンドゥー教美術の最高傑作の一つとされる。このような、美術的な価値の高いヒンドゥー教彫刻であることが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はElephanta Caves

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エレファンタ‐せっくつぐん〔‐セキクツグン〕【エレファンタ石窟群】
Elephanta Caves》⇒エレファンタ島

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エレファンタ石窟群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エレファンタ石窟群の関連情報

関連キーワード

国営企業等労働組合協議会島田修二アルモドバル井上光晴ウォーホル国鉄労働組合ゴダール(Jean-Luc Godard)竹下登内閣フィジー三浦朱門

他サービスで検索

「エレファンタ石窟群」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.