Rakuten infoseek

辞書

エレクトロン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エレクトロン
Elektron
放射線帯の調査を目的としたソ連の科学観測用双子衛星。1,2号は 1964年1月 30日,3,4号は 64年7月 11日に打上げられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エレクトロン
電子」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エレクトロン(electron)
電子
マグネシウムを主成分とし、亜鉛アルミニウムマンガンを含む軽合金。ドイツのエレクトロン社が創製。機械部品などに使用。
[補説]1の語源はギリシャ語で琥珀(こはく)の意。琥珀をこすると静電気が起こることから。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

エレクトロン
琥珀(amber)[Tomkeieff : 1954].ギリシャ語のelectorは燃える太陽の意味.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えれくとろん【エレクトロン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

えれくとろん【エレクトロン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

エレクトロン【electron】
電子。
マグネシウムを主成分とし、アルミニウムと亜鉛を含む軽合金。自動車などの機械部品に使用。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エレクトロン
〘名〙
① (electron elektron (「琥珀(こはく)」の意)から) 電子。
※物理学と感覚(1917)〈寺田寅彦〉「原子内のエレクトロン運動」
② (electron metal から) マグネシウムを主成分とする軽合金の一つ。アルミニウム系の軽合金より軽くて強いが、耐食性は少ない。ドイツのエレクトロン社が作り出したもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エレクトロン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エレクトロンの関連情報

他サービスで検索

「エレクトロン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.