Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

エレクテイオン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エレクテイオン
Erechtheion; Erechtheum
ギリシア,アテネのアクロポリスに建つイオニア式神殿。繊細な表現と複雑な構成で知られ,特にイオニア式柱頭は美しい。造営は前 421~407年頃で,おそらくムネシクレスが建てたと推定される。エレクテイオンの呼称は伝説上の王エレクテウス神殿。もとはエレクテウス,アテネポセイドンの3神が祀られていた。敷地の高低 (北・西側が南・東側より 3m低い) ならびに3つの小祠を1つの建物に合成したため,きわめて複雑である。南側に6体のカリュアティドに支えられた小柱廊がある。エルギン伯 T.ブルースによって,一部の装飾がイギリスに持ち去られた。 (→エルギン・マーブル )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エレクテイオン(Erechtheion)
アテネアクロポリス上のイオニア式神殿。前420~前408年ごろ建造。有名なカリアティード女像柱)は、現在はアクロポリス美術館大英博物館にある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エレクテイオン【Erechtheion】
アテナイのアクロポリス上の北にある神殿。〈エレクテウスの家〉の意であるが,〈エレクテイオン〉という名は後2世紀の旅行家パウサニアスの著作に初出,それ以前は〈アテナ(・ポリアス)の(旧)神殿〉などと呼ばれていた。ホメロスに言及されているほど古い由緒をもつ。現存のものは前421年ころに建設が始まり,数年の中断を経て,前406年ころ完成された。現存するイオニア式神殿中の代表作であるが,建築家は不明。地面凹凸という地理的条件(東半分が3mも高い),多数の聖跡と古い祭儀を包摂する必要性などのために非常に複雑なプランを採り,建築全体は繊細な装飾を施されたイオニア式で統一されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エレクテイオン
えれくていおん
Erekhtheion

アテネのアクロポリスの北側に建つ古代ギリシアのイオニア式神殿。アテネの伝説上の王エレクテウスと女神アテネおよび海神ポセイドンの3神を祀(まつ)る、ギリシアでは異例の複合建築。建築家カリクラテスの設計で、紀元前421年に着工し、前407年ごろに完成した。床面の高さを異にするその複雑なプランは、東西に25.5メートル、南北に21.5メートル、東側に正面6柱のイオニア式の柱をもつ玄関廊を配し、その奥にアテネの神殿がある。建築の中央部を構成する西・北側は東・南側より床面が3メートルも低くなり、エレクテウスとポセイドンを祀る内室がある。この北側には正面4柱、側面各1柱のイオニア式の柱を配し、エレフシスの青大理石に刻まれた美しい浮彫りで飾ったフリーズで囲んだ大きな玄関廊が張り出している。また南側には東側と同じ高さに正面4体、側面各1体、計6体の女像柱、いわゆるカリアティードで有名な「コレーの壇」が突き出ている。この「コレーの壇」は北の玄関廊のほぼ4分の1の大きさにすぎないが、イオニアのチュニックを着た6体の女像柱はほぼ等身大である。左から2体目の像は1801年エルギンがイギリスに持ち去り、そのコピーが置かれていたが、現在は他の5体も毀損(きそん)が激しくなったため取り外されてアクロポリス美術館に陳列されている。この3柱を祀るイオニア式の複雑な建築は、その細部の優美な装飾により、パルテノンと並んでギリシア古典期の最高の水準を示すものとされる。

[前田正明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エレクテイオン
(Erektheion) ギリシア、アテネのアクロポリスにある神殿。紀元前四二一~四〇七年に建造、アテナポリス、ポセイドン、エレクテウスをまつる。イオニア式を代表する三つの柱廊と六本の像柱は特に有名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エレクテイオン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エレクテイオンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.