Rakuten infoseek

辞書

エルモシヨ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エルモシヨ
Hermosillo
メキシコ北西部,ソノラ州の州都。西マドレ山脈北部西麓,カリフォルニア湾岸の海岸平野にあり,ソノラ川とサンミゲル川の合流点近くに位置する。標高約 240m。周辺に広がる灌漑農業地帯の商工業中心地で,果実,小麦,綿花,トウモロコシ,豆類,家畜などを集散,加工する。大聖堂をはじめとする植民地時代の建物と近代的なビルが混在する美しい町で,冬の保養地として知られる。ソノラ大学 (1938) 所在地。近郊に銅山がある。アメリカ合衆国との国境の町ノガレスとメキシコ市を結ぶ幹線道路,鉄道が通る。人口 44万 9472 (1990推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エルモシヨ(Hermosillo)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

エルモシヨ
えるもしよ
Hermosillo
メキシコ北西部、ソノラ州の州都。メキシコ市の北西約2000キロメートル、カリフォルニア湾沿岸から東方約100キロメートルに位置する。人口54万5928(2000)。エルモシヨとはスペイン語で「小ざっぱりした」の意である。1742年以後スペイン人によって開発された農牧業の中心地で、東方のロドリゲス・ダムによって南東部に大農業地帯を形成している。西方約100キロメートルのキノは、キノ湾に臨む近代的保養地である。[高木秀樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エルモシヨ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エルモシヨの関連情報

他サービスで検索

「エルモシヨ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.