Rakuten infoseek

辞書

エルツ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エルツ
Hertz, Robert
[生]1882.11.22. サンクルー
[没]1915.4.13. マルシェビル
フランスの社会学者,民族学者。 É.デュルケム門下の一人で,『死の集合表象研究への寄与』 (1907) ,『右手の優越』 (09) の論文を発表し,現代の宗教社会学社会人類学に重要な影響を与えた。今日行われている諸民族の象徴的二元論研究や構造主義人類学において,エルツの功績は再認識されつつあるといえる。非常な秀才であったが 33歳の若さで東部戦線において戦死した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

エルツ
えるつ
Robert Hertz
(1882―1915)
フランスの社会学者、民族学者。デュルケーム門下の秀才であったが、第一次世界大戦中33歳の若さで戦死した。彼の論文『右手の優越』は、象徴的二元論象徴的分類に関する文化人類学的研究の先駆的業績である。右という語が強、善、吉といった意味をもつのは特定の民族に限らず、世界中に広く分布していることを比較研究によって示した。聖ベスに関する論文では、この信仰とこれに付随する神話を、地域的、政治的、宗教的体系に関連づけることによって解釈しようとした。これはマルセル・モースの提唱した「全体的社会的事実」という概念による解釈で、のちに現代の人類学者ニーダムもこういうとらえ方を用いており、エルツ自らは非西欧社会で調査したことはなかったが、その社会人類学への貢献は大きい。それにもかかわらず、エルツの業績は英米の人類学界で不当に軽視されることが多かった。
 しかし、イギリスの社会人類学者エバンズ・プリチャードはナイル川上流の牧畜民ヌエルの調査にエルツの左右の象徴的二元論を活用し、槍(やり)は男の力や父系親族を象徴し、右側は、強、男性、善に、左側は弱、女性、悪に象徴的に結び付いていることを明らかにした。彼はオックスフォード大学の講義で長年エルツの理論を講じた。ニーダムはエルツの考えをさらに発展させ、ケニアのメル人の右と左の意味を探り、この問題に興味をもつ人類学者を招いて論文集『右と左:象徴的二元論』(1973)を編集、刊行した。いまでも双分制や象徴的分類に関する研究の多くがエルツに出発するといえるだろう。[吉田禎吾]
『吉田禎吾・内藤莞爾・板橋作美訳『右手の優越――宗教的両極性の研究』(1980・垣内出版/ちくま学芸文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エルツ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エルツの関連情報

関連キーワード

ボアソナード早稲田大学スティーブンソンマーク・トウェーンワーグナージーモンディルクセンハルゼープルーインプレグラン

他サービスで検索

「エルツ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.