Rakuten infoseek

辞書

エルツ山地【エルツさんち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エルツ山地
エルツさんち
Erzgebirge
チェコ語ではクルシュネホリ Krušné hory (ドイツ語,チェコ語とも「鉱石のある山」の意) 。ドイツとチェコとの国境にある山地。西南西から東北東に連なり,長さ約 150km,幅約 40km,標高約 800~900mで,最高峰はチェコ側にあるクリーノベツ山 (ドイツ語ではカイルベルク。 1244m) 。結晶片岩や強度に変成を受けた古生代の深成岩類から成る。浸食が進み,山容がなだらかなため,12世紀頃から開発が始り,山地を刻む谷沿いに集落ができた。特に 12世紀後半フライベルク付近で銀鉱が発見されてからは,各種鉱産物の採掘が活発となり,特にドイツ側にはアウエ,アナベルクブーフホルツ,シュネーベルクなどの鉱山集落ができ,15世紀に最盛期を迎えたが,17世紀に衰退した。古くから山地の両側ともドイツ人がおもな居住者であったが,第2次世界大戦後はチェコ側の住民の大部分はチェコ人によって占められるようになった。各地で豊富な木材を産するほか,一部ではウラン鉱などの採掘も行われ,テプリツェ付近など有名な褐炭産地や,カルロビバリなどの温泉地もある。また冬のスポーツ施設も多数あり,観光資源にも恵まれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エルツ山地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エルツ山地の関連情報

関連キーワード

クルシェドル修道院ボヘミア盆地ムエタイ

他サービスで検索

「エルツ山地」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.