Rakuten infoseek

辞書

エルギン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エルギン
Elgin
イギリススコットランド北東部,マリーの行政府所在地。肥沃なマリー平野に位置する。北海の入り海マリー湾南岸一帯の教育,商業の中心地。13世紀にさかのぼる町で,マリー大聖堂はスコットランド有数の美しい聖堂として有名であったが,18世紀に廃虚となった。毛織物,ウイスキー製造などの工業がある。北郊にあるゴードンズトン校は 1934年ドイツ人教育者クルト・ハーンによって建てられた男子校で,スパルタ式の厳格な教育で世界的に有名。人口 2万580(2004推計)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エルギン(James Bruce, 8th Earl of Elgin)
[1811~1863]英国の政治家・外交官。中国特派大使として清と天津条約北京条約を結んだ。また1858年に来日して、江戸幕府と日英通商条約を締結。のち、初代インド総督。エルジン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

エルギン Elgin, James Bruce
1811-1863 イギリスの外交官。
1811年7月20日生まれ。安政5年(1858)遣日使節として来日し,江戸で日英修好通商条約に調印。このときイギリス女王から託された快遊船エンペラー号(のちの蟠竜)を将軍におくる。のちインド総督となる。1863年11月20日インドで死去。52歳。ロンドン出身。著作に「エルギン卿遣日使節録」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

367日誕生日大事典

エルギン
生年月日:1811年7月20日
イギリスの外交官
1863年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エルギン
(James Bruce, 8th Earl of Elgin and l2th Earl of Kincardine ジェームズ=ブルース、エイトス=アール=オブ━アンド=トエルフス=アール=オブ=キンカーディン) イギリスの政治家、外交官。一八五八年アロー号事件の全権大使として天津条約を、一八六〇年には北京条約を結ぶ。また、安政五年(一八五八)日英通商条約を締結。初代インド総督。(一八一一‐六三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エルギン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エルギンの関連情報

他サービスで検索

「エルギン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.