Rakuten infoseek

辞書

エリティス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エリティス
Elytis, Odysseus
[生]1911.11.2. クレタ島イラクリオン
[没]1996.3.18. アテネ
ギリシアの詩人。本名 Odysseus Alepoudellis。シュルレアリスムの影響を受け,自然と青春,海と太陽への回帰を歌う。第2次世界大戦ではアルバニア戦線に加わり,その経験がのちの作品に深みと厳粛さを与えた。『方向』 Prosanatolismoi (1940) ,『第一の太陽』 Ilios o protos (43) ,『価値がある』 Axion esti (60) などの詩集がある。 1979年ノーベル文学賞を受けた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エリティス【Odýsseus Elýtis】
1911‐96
現代ギリシアの詩人。クレタ島のイラクリオンに生まれ,アテネで育った。フランスのシュルレアリスムの影響下に詩作を始め,明るいエーゲ海の世界を高度の技術によって詩の中に再現,太陽と光と自然の優越を歌ったが,第2次大戦の悲傷の時期を経て,戦後は壮大な頌歌均整の中に自然の秩序を称揚している。代表的な詩集としては《定位》(1940),《アクシオン・エスティ》(1960),《モノグラム》(1971)など。1979年ノーベル文学賞受賞。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

エリティス【Odysseus Elytis】
1911~1996 ギリシャの詩人。パリでブルトンらと交友し、シュールレアリスムの影響を受けた作品を発表。1979年ノーベル賞を受賞。「価値がある」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

エリティス
えりてぃす
Odysseus Elytis
(1911―1996)
ギリシアの詩人。本名Alepoudelis。クレタ島出身。初期の詩集『方向』(1939)と『第一の太陽』(1943)によってシュルレアリスムの詩人として名声を得た。第二次世界大戦中の体験が、『アルバニアで倒れた少尉に捧(ささ)げる英雄的哀悼の歌』(1945)となった。長い沈黙ののち、『天空への六つと一つの呵責(かしゃく)』(1960)で内省的世界を示した。1979年、ノーベル文学賞を受賞した。[森安達也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エリティス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エリティスの関連情報

関連キーワード

牧野省三桂太郎内閣ランデール岩石区エクソンモービル河上肇キュビスムグリフィススバル辛亥革命

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.