Rakuten infoseek

辞書

エマ王妃夏の離宮【エマおうひなつのりきゅう】

世界の観光地名がわかる事典

エマおうひなつのりきゅう【エマ王妃夏の離宮】
アメリカのハワイ州オアフ島、ヌウアヌバレーに建つ王族の離宮。カメハメハ大王の孫にあたる4世と妻エマ王妃、そして幼少のアルバート・エドワード王子が夏季をここで過ごした。27歳で未亡人となったエマ王妃は、家族の思い出が詰まったこの離宮を愛した。ギリシア風リバイバル様式で建てられた離宮内には、エマ王妃が愛用した家具調度品の数々が展示され、往時の面影を今に伝えている。また、結婚の際にイギリスのビクトリア女王から送られた食器棚や食器、明治天皇から贈られた品なども展示されていて、当時の王家の栄華が偲ばれる。寝室には、穏やかな色彩のハワイアン・キルトの作品がある。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エマ王妃夏の離宮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エマ王妃夏の離宮の関連情報

他サービスで検索

「エマ王妃夏の離宮」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.