Rakuten infoseek

辞書

エヒード

大辞林 第三版

エヒード【ejido】
植民地時代のメキシコの村落共同体に属する共有地。現在では、1930年代に実施された土地制度をさす。政府が土地所有権をもち、農民が耕作権と収穫権をもつ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エヒード【ejido】
(1)もともとスペインで村の共有地を意味する語で,ラテン語のエクシトゥスexitus(出口)に由来する。集落に隣接して存在し,家畜の囲い場ないし脱穀などの作業場として村人の共同利用に供される。(2)植民地時代のメキシコでは,土着の村落形態にスペインの村落形態をとり入れて再編成した村落共同体,コムニダー・インディヘナが形成された。エヒードはコムニダー・インディヘナに属する共有地の一部をなし,村人(コムニダー・インディヘナの成員)に共同で利用される牧草地あるいは山林であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エヒード
えひーど
Ejido
メキシコの土地共有制および共有制村落のこと。植民地時代のメキシコにおいては牧畜用の共同体所有地が認められていたが、1856年のレルド法によって解体された。1910年のメキシコ革命において、サパタが指導する農民革命軍は共同体所有地の復活を要求し、1917年憲法でエヒードの創設を定めた。この制度によって、土地をもたない農民家族あるいは村落に土地用益権が与えられ、前者を個人エヒード、後者を集団エヒードとよんだ(土地所有権は国家にあり、売買はできない)。とくにカルデナス大統領期(1934~40)にこのような農地改革が促進され、現在までに約7000万ヘクタールの土地がほぼ300万農民家族に分配されたといわれている。
 しかし集団エヒードによる農業集団化の成功例は少なく、エヒード農民は事実上零細農民(ミニフンディスタ)化しており、いったん廃絶されたアシエンダ(伝統的大農場)にかわって、ネオラティフンディスモとよばれる近代的大所有地が出現している。その結果メキシコの農業は、このようなネオラティフンディスモ地帯の北部4州を除く半数以上の州で停滞ないし後退しており、農業生産成長率は工業生産に比べて3分の1以下に落ち込んだままになっている。石油に代表される近代的部門の活況とは対照的なこの衰退は、エヒードにかけたメキシコ農民の夢の末路を示すものといえよう。[原田金一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エヒード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エヒードの関連情報

他サービスで検索

「エヒード」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.