Rakuten infoseek

辞書

エネルギー散逸の原理

法則の辞典

エネルギー散逸の原理【principle of dissipation of energy】
孤立系においては,全エネルギーは一定に保持されるが,そのうちで利用可能なエネルギーの量は時間とともに減少する.これはケルヴィン卿の唱えたもので,熱力学の第二法則*の一つの表現でもある(熱力学の第二法則*も参照).

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エネルギー散逸の原理」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エネルギー散逸の原理の関連情報

他サービスで検索

「エネルギー散逸の原理」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.